かつてド定番アクセサリーだった「ワイドミラー」装着車を見かけなくなったワケ

かつてド定番アクセサリーだった「ワイドミラー」装着車を見かけなくなったワケ

この記事をまとめると

■ワイドミラーは人気のアクセサリーだった

■しかし現在ではあまり見かけない

■理由はクルマの進化などにある

最近のクルマの死角はセンサーやカメラがカバー

 フト気が付くと、最近減っているのがミラー系のオプションやアクセサリー装着車。とくにルームミラーに付けるワイドミラーは以前であれば、クルマを買ったらすぐに装着するぐらいの感じだった。もちろん今でも装着している人もいるし、使ってみると重宝するので、機能そのものがダメということでもない。

【関連記事】ミラーだらけのドア回り! 乗用車ドライバーにはわからない「トラックのミラー」の役割とは

ワイドミラーを見かけなくなった理由画像はこちら

 減っている背景にあるのはまずは安全装備の充実だろう。もともとワイドミラーを付けていたのは、左右斜め後方の視界が悪く、最悪の場合、車線変更で他車にかぶせてしまったり、右左折で巻き込んでしまったりしていたから。

バックミラー画像はこちら

 ワイドミラーを付けると一気に視界が広くなり、リヤドアの窓越しにも確認できるぐらいなので、安心感はかなり高まる。ただ、肝心の後方視界については、ワイドになったぶん、後続車が小さく映ってしまうことになる。

 いずれにしても、斜めも含めた後方まわりはセンサーやカメラがカバーしてくれるのでワイドミラーに頼らなくてもよくなったというのはある。その真骨頂的な存在がデジタルミラーで、ご存じのようにリヤカメラで後方を映してくれるし、夜間も明くすることが可能。さらにスイッチを押すとサイドが映し出されたり、バックに入れれば上からの風景がミラーの中に映ったりする。こうなるとワイドミラーを付けることは邪魔にしかならないというのが正直なところだ。

デジタルミラー画像はこちら

 そのほか、昔に比べて乗り心地や安全性の問題からシートが大きくなっていて、ミラー越しに確認がしにくいということも減っている。さらに細かいところでは、クルマによってはETCが組み込まれていたりして、ミラーに厚みがあるため装着しにくいということもある。

画像ギャラリー


新着情報