レース以上に興奮のるつぼ! スーパーGT第5戦でデモランした6台の「グループCカー」が胸熱すぎた

レース以上に興奮のるつぼ! スーパーGT第5戦でデモランした6台の「グループCカー」が胸熱すぎた

この記事をまとめると

■スーパーGT第5戦の開幕前にグループCカーのデモランイベントが行われた

■日本のマシンだけでなく海外のマシンも同時に走行した

■独特のサウンドを響かせながら走る姿は貴重な光景だった

往年のグループCカーが鈴鹿に凱旋!

 2022年のスーパーGT第5戦「SUZUKA GT 450km RACE」では予選、決勝ともに激しいバトルを展開。GT500、GT300の両クラスで名勝負が展開されていたのだが、それと同じくらいファンの心をときめかせていたイベントが、鈴鹿サーキット60周年特別デモラン「グループC〜夏の鈴鹿耐久決戦〜」だと言えるだろう。

 1966年に「鈴鹿耐久レースシリーズ」がスタートしたほか、その後はJSPC(日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権)やスーパーGTの1戦として「鈴鹿1000kmレース」が開催。さらに近年は「鈴鹿10時間耐久レース」が開催されるなど、鈴鹿サーキットは耐久レースのイメージが定着しているが、開場60周年を記念すべく、1983年から1992年に活躍した6台のグループCカーが集結し、デモ走行を行っていた。

 まず、最も注目を集めていたのが、ニッサン最後のグループCカーとして開発された「ニッサンNP35」で、カーボンファイバー製モノコックに自然吸気の3.5リッターV12エンジンを搭載。同モデルは1992年に完成し、全日本スポーツプロトタイプカー選手権の最終戦でデビューを果たしたが、その後、ニッサンのグループCカーでの活動が終了したことから、まさに幻の1台と言えるマシンだ。

【関連記事】あのロゴは何? スーパーGTのマシンに付いているスポンサーの正体とは

日産・NP35のフロント画像はこちら

 またマツダがIMSA-GTP規定で開発した「マツダ767B」も注目のマシンで、1989年の国内耐久レースで活躍したほか、ル・マン24時間レースでは総合7位/IMSA-GTPクラスで優勝するなど豊富な実績を持つ。

マツダ・767Bのフロント画像はこちら

 さらに1986年〜1987年のル・マン24時間レースで2連覇を達成したほか、日本国内でも多くのタイトルを獲得した「ポルシェ962 C Le Mans」も注目の一台。

ポルシェ・962 C Le Mansのフロント画像はこちら

 また1986年のマーチ社製の市販シャシーにニッサンの3リッターV6ツインターボエンジンを搭載した「ニッサンR86V」もニッサンにとって初のル・マン24時間レース参戦モデルとなっただけに、ニッサンファンにはたまらないマシンだと言えるだろう。

日産・R86Vのフロント画像はこちら

 そのほか、F3など数多くのフォーミュラマシンを手掛けてきたイギリスのアルゴ・レーシングカーズが1985年に製作した「アルゴJM19C」もなかなかお目にかかれない一台で、「ラッキーストライク」カラーの117号車はコスワース製の3.3リッターV8エンジンを搭載。1988年のFIA世界スポーツプロトタイプ選手権(WSPC)に参戦した実績を持つ。

アルゴJM19Cのフロント画像はこちら

 さらにイギリスのコンストラクター、スパイス・エンジニアリングが開発した「スパイスSE91C」も希少なマシンで、WSPCで活躍したほか、1991年のル・マン24時間レースでは総合12位、クラス優勝を獲得した。

鈴鹿サーキット60周年を記念したデモランイベントに参加したマシンが凄かった画像はこちら

 いずれもモータースポーツ史に残るマシンで、今回のデモ走行によって、グループCカーがいかに美しいシルエットを持っていたかがうかがえた。またエンジンおよびエキゾーストサウンドも気持ちよく、なかでもニッサンNP35のV12エンジンおよびマツダ767Bのロータリーエンジンの快音は高揚感を駆り立てるほどのサウンドだ。

日産・NP35とマツダ・767Bの走行写真画像はこちら

 またピットで作業中の風景も覗いてみたが、エンジンのコンパクト化が進む現代のレーシングマシンと違って、当時のエンジンは大型で無骨なデザインを採用。エキマニもレイアウトが美しく、とくにニッサンNP35のV12エンジンは芸術品をイメージさせるほど機能美の高いシルエットだった。

日産・NP35のエンジンルーム画像はこちら

 今となっては現代のレーシングマシンと比べるとスピード的には遅いものの、やはりグループCカーのスタイリングは独創的で、レーシングサウンドも個性的である。走行できる状態で保管し続けることは、オーナーおよび管理ガレージにとっては多くの苦労があると思うが、再びグループCカーの走りが見られる日が来ることを楽しみにしたい。

名前:
廣本 泉
肩書き:
JMS(日本モータースポーツ記者会)会員
現在の愛車:
スバル・フォレスター
趣味:
登山
好きな有名人:
石田ゆり子

画像ギャラリー


新着情報