土も舗装もスイスポで激走! めったにいないダートラとジムカーナに参戦する「二足のわらじ」ドライバーの挑戦 (1/2ページ)

土も舗装もスイスポで激走! めったにいないダートラとジムカーナに参戦する「二足のわらじ」ドライバーの挑戦

この記事をまとめると

■ダートトライアルとジムカーナに参戦する細木智矢選手を紹介

■それぞれの違いや魅力について本人に話を伺った

■“2足のわらじ”は今後も続くことになりそうだ

スイフトを武器にダートラとジムカーナに参戦

 ダートコースを舞台にしたスピード競技の最高峰シリーズ、全日本ダートトライアル選手権の第6戦が9月3日〜4日、福井県のオートパーク今庄で開催。混戦のJD5クラスを制したのは細木智矢選手でスズキ・スイフトを武器に今季4勝目を獲得し、最終戦を待たずして、同クラスで2連覇を達成したのだが、この細木選手はじつにユニークなドライバーだ。細木選手は2022年に合わせて舗装路を舞台にしたスピード競技の最高峰シリーズ、全日本ジムカーナ選手権にもチャレンジしており、スズキ・スイフトを武器に第3戦のタマダおよび第6戦の岡山に参戦。スピード競技で“2足のわらじ”を履いている。

【関連記事】「レーサー」は天才! 「ラリースト」は神! レーシングドライバーが語る「ドッチが速い」論争の結論とは

ダートトライアルで走行中の細木選手のスズキ・スイフトスポーツ画像はこちら

 2007年にダートトライアルへの参戦を開始した細木選手は、地方選手権での活動を経て2010年に全日本ダートトライアル選手権にデビューした。以来、ダートトライアルの最高峰シリーズで活躍していたが、細木選手によれば「地方選手権に参戦していた頃はジムカーナの練習会にも参加していました。全日本に参戦するようになってからはダートトライアルに専念していたんですけど、サポートを受けているスズキワークス久留米さんから、“いままではダートトライアルで製品開発をやってきたけど、舗装のお客さんが多いので、ジムカーナでも製品開発をやっていきたい”という話をされまして2020年から地方選手権ですが、ジムカーナの勉強を始めました」とのこと。さらに2022年には1台のマシンを複数のドライバーでシェアする“ダブルエントリー”という形式ながら、細木選手は全日本ジムカーナにもデビューを果たし、前述のとおり、タマダと岡山の2戦に出場したのである。

ジムカーナで走行中の細木選手のスズキ・スイフトスポーツ画像はこちら

名前:
廣本 泉
肩書き:
JMS(日本モータースポーツ記者会)会員
現在の愛車:
スバル・フォレスター
趣味:
登山
好きな有名人:
石田ゆり子

画像ギャラリー


新着情報