高級ワゴンが10万円以下とかマジか!? 「ボルボ V70」の中古が「安すぎる」ワケとその中身 (1/2ページ)

高級ワゴンが10万円以下とかマジか!? 「ボルボ  V70」の中古が「安すぎる」ワケとその中身

この記事をまとめると

■中古車市場で「ボルボV70」が破格の値段で取引されている

■故障のリスクを懸念しているユーザーが多いが故に安価な設定になっている

■国産車より費用が嵩むが、メンテナンスさえ定期的に行えば長く乗れる設計になっている

北欧のプレミアムワゴンが中古の軽自動車以下で買える!?

 自動車への需要が高まっているのに加え、新車の納期遅延や円安によって海外輸出を目論むバイヤーなどの影響もあり、軒並み価格が上昇している中古車市場。なかでも趣味性の高いモデルや実用性の高いモデルは人気の中心となっており、ひと昔前まではそこまで値段の付かなかった年式のモデルでさえもそこそこの価格で取引されるようになってきている。

 そんななかでも比較的安価な価格帯で店頭に並べられていることが多いのが、ボルボのステーションワゴン、V70である。

 V70は1996年に850のマイナーチェンジ版として登場し、1999年には2代目へとフルモデルチェンジを果たし、2007年に3代目モデルになったのち、2017年に実質的な後継車種である復活を果たしたV90にバトンタッチをして生産終了となったモデル。

【関連記事】社員のクルマもモニタリング! 独自に事故を再現! ボルボの安全への意識が圧巻だった

V70走り画像はこちら

 ボルボらしいスリークなデザインや当時のモデルとしては高い安全性を併せ持つとともに、使い勝手に優れるステーションワゴンボディということもあり、人気になっても不思議ではないモデルであるのだが、なぜか中古車市場では安値安定となっているのだ。

 とくに1999年から2007年にかけて販売されていた2世代目モデルなどは、現在の中古車市場に流通している車両を見てみても、車両本体価格10万円を切るのものもある、という状況となっている。

V70リヤ画像はこちら

 高いものでは100万円台を超え200万円に迫るものも存在しているが、これはV70最強のスペックを誇る300馬力/40.8kgmの2.5リッターターボエンジンを搭載した「V70R」の低走行物件であり、それ以外のものは程度が良いものでも軒並み100万円以下といった状況なのだ。

V70R走り画像はこちら

NO IMAGE
名前:
小鮒康一
肩書き:
-
現在の愛車:
日産リーフ(2代目)/ユーノス ロードスター/マツダ・ロードスター(2代目) /ホンダS660/ホンダ・オデッセイ(初代)/ 日産パルサー(初代)
趣味:
長距離ドライブ
好きな有名人:
ザ・リーサルウェポンズ

画像ギャラリー


新着情報