コロナでリアルモーターショーの重要性が低いことに気がついた!? 3年ぶりのデトロイトショーの衰退っぷりに衝撃 (1/2ページ)

コロナでリアルモーターショーの重要性が低いことに気がついた!? 3年ぶりのデトロイトショーの衰退っぷりに衝撃

この記事をまとめると

■3年ぶりに北米国際自動車ショーが開幕された

■出展メーカーはアメリカンブランドが多かった

■コロナによってオートショー離れが進んでいる

3年ぶりに開催された北米国際自動車ショー

 現地時間9月14日より、北米国際自動車ショー(通称デトロイトショー)2022が開幕した。2019年1月の開催を最後に、多くのブランドがブースを構えて魅力的な新型車を会場で発表するなどのオーソドックスなトレードショー形式の開催をやめ、2020年よりデトロイト市の中心市街地全域を会場に見立てた新しい試みをふんだんに採り入れたショーに変更。開催時期もデトロイト市にとってもっとも温暖で快適な時期とされる6月としたが、2020年は新型コロナウイルス感染拡大により開催中止。今回、デトロイトショーとしては、3年ぶりの開催となっている。

 しかし、出展ブランドはGM(ゼネラルモーターズ)、フォード、ステランティスグループのおもにクライスラー系ブランドといったアメリカンブランドに加え、トヨタとスバルのみとなっており、驚いた。

【関連記事】なんでこんなに残念な姿に! コンセプトカーの期待度を裏切った市販車4選

3年ぶりに北米国際自動車ショーが開催画像はこちら

 デトロイト市中心市街地を会場に見立てたというのも、筆者のイメージがオーバーだったのかもしれないが、結局いままでの会場であったハンティントンプラザ(旧コボセンター)と、近くの公園のような場所を一時的に封鎖するなどした場所でのモンスタートラックショー、そしてコボセンター内のかつてはメディアセンターとなっていた場所は、なぜか等身大の恐竜の像が置いてあった。新しい試みというよりは、出展ブランドが少ないのでほかのことで盛り上げようとしているようにしか見えなかった。

名前:
小林敦志
肩書き:
-
現在の愛車:
2019年式トヨタ・カローラ セダン S
趣味:
乗りバス(路線バスに乗って小旅行すること)
好きな有名人:
渡 哲也(団長)、石原裕次郎(課長) ※故人となりますがいまも大ファンです(西部警察の聖地巡りもひとりで楽しんでおります)

画像ギャラリー


新着情報