電動開閉式ソフトトップでお手軽オープンエアドライブ! ジープに限定車「ラングラー・アンリミテッド・ルビコン・パワートップ」が登場 (1/2ページ)

電動開閉式ソフトトップでお手軽オープンエアドライブ! ジープに限定車「ラングラー・アンリミテッド・ルビコン・パワートップ」が登場

この記事をまとめると

■ジープ・ラングラーの限定車「ラングラー・アンリミテッド・ルビコン・パワートップ」を発売

■電動開閉式のソフトトップと脱着式のリヤクォーターウインドウで開放的な車内空間を演出

■限定車専用ボディカラーとなる「ハイベロシティ」を採用

専用ボディカラーと電動開閉式ソフトトップで特別感を演出

 1940年代に誕生したウィリス・ジープの系譜を引き継いでいるジープ・ラングラーは1987年に初代モデルが登場しているが、代を重ねるごとに、悪路走破性を進化させ、快適性も向上させてきた。そのため、世界中にファンがいるほど愛されている。

 そんなジープ・ラングラーに限定車「ラングラー・アンリミテッド・ルビコン・パワートップ」が登場。

 このモデルの一番の特徴は、約20秒で開閉できる電動開閉式のソフトトップを備えたことで、手軽にオープンエアドライブを楽しむことができる。

【関連記事】自分のSUVの「オフロード性能」を知ることは大切! レーシングドライバーが語る「ホンモノSUV」の必要性とは

ジープ・ラングラー「アンリミテッド ルビコン パワートップ」の電動開閉式ソフトトップ画像はこちら

 加えて、脱着式のリヤクォーターウインドウ(荷室側面の窓)も備えており、これを外すことでより開放的な車内空間を生み出すことができる。ちなみに外したリヤクォーターウインドウは、専用のバッグに収納してリヤシート背面に取り付けておけるので置き場を心配する必要もない。

ジープ・ラングラー「アンリミテッド ルビコン パワートップ」のリヤクォーターウインドウが収納されている写真画像はこちら

 外装色には、専用色の「ハイベロシティ」を採用し、鮮やかなイエローがラングラー・アンリミテッド・ルビコン・パワートップにアクティブな印象を与える。

 そのほかの外装は、ベースモデルのラングラー・アンリミテッド・ルビコンに準じており、車両前方を明るく照らすLEDヘッドライトや車両の直前の状況をモニター上で確認できるオフロードカメラ、車両周囲の安全確認に役立つサイドビューカメラなどを装備。

画像ギャラリー


新着情報