スポーティでもラグジュアリーでもハイブリッドが選べる!  ベントレー・ベンテイガに新モデル「ベンテイガ S ハイブリッド」と「ベンテイガ アズール ハイブリッド」を設定 (1/2ページ)

スポーティでもラグジュアリーでもハイブリッドが選べる!  ベントレー・ベンテイガに新モデル「ベンテイガ S ハイブリッド」と「ベンテイガ アズール ハイブリッド」を設定

この記事をまとめると

■ベントレー・ベンテイガに新モデル「S ハイブリッド」と「アズール ハイブリッド」を設定

■スポーティな内外装を与えられた「S ハイブリッド」

■乗員の快適性を追求した内装の「アズール ハイブリッド」

攻めの見た目の「S 」とエレガントな見た目の「アズール」にハイブリッドを追加

 ベントレーのSUVモデルであるベンテイガは、その圧倒的なパワートレインと高級感のある内装が特徴的なクルマだ。2020年にはマイナーチェンジを施し、いまやベントレーの人気モデルとして完全に定着している。

 そんなベントレー・ベンテイガには、スポーティなキャラクターの「S」とラグジュアリーなキャラクターの「アズール」が設定されているが、それぞれにハイブリッドモデルが設定された。

 まず、「ベンテイガ S ハイブリッド」は、標準のベンテイガよりもスポーティな印象が与えられたモデルだ。外装にはスピードスタイルのバンパーを採用し、ダークティントヘッドライトやメッキのフロントグリル、ブラックのミラーカバーなどが、パフォーマンスの高さを予感させる。また、ホイールは、シルバー、ブラック、ブラック&ポリッシュメタル仕立ての3つの中から好きなカラーを選べるディスティンクティブ22インチホイールを装着し、レッド塗装のブレーキキャリパーで足元にもレーシーな印象を与える。リヤスタイルもスピードスタイルのリヤスポイラーやリヤバンパー、ダークティントテールランプ、ブラックのスプリットオーバルテールパイプでより精悍な見た目になっている。

【関連記事】「世界でもっとも美しいクルマ」に待った! DS4に負けず劣らず美しいSUVを探してみた

ベントレー・ベンテイガ S ハイブリッドのフロント画像はこちら

 内装はダイナミカとレザーの組み合わせでインパネやシートが仕立てられており、モードダイヤルは「スピード」と同様の「パフォーマンス」デザインのダイヤルを備えた。また、レブカウンター内にPHEVパワーメーターを追加したドライバー用デジタルメーターが、ハイブリッドモデルであることを演出。さらに、「S」のエンブレムがインパネやシートの背もたれなどにあしらわれている。

ベントレー・ベンテイガ S ハイブリッドの内装画像はこちら

 さらに、走りの面に関しては、サスペンションの減衰力を15%向上させ、シャシー剛性も強化。また、スポーツモードのESC(横滑り防止装置)のチューンに加え、「S」モデルのエグゾーストノートは、車内での前後席での聞こえ方にまでこだわってチューニングされており、走ることの楽しさを演出している。

画像ギャラリー


新着情報