最新EVの両脇に6.2&4.2リッターV8エンジン車! デトロイトショーの展示はGMの「迷い」か? (1/2ページ)

最新EVの両脇に6.2&4.2リッターV8エンジン車! デトロイトショーの展示はGMの「迷い」か?

この記事をまとめると

■デトロイトショー2022をレポート

■今回はゼネラルモーターズ(GM)のブースについて

■EVとV8エンジン搭載車のコントラストはメーカーの迷いを表しているようだった

電気自動車か内燃機関か、GMの定まらない姿勢

 今回のデトロイトショー(北米国際自動車ショー)最大の話題といえば新型フォードマスタングのデビューというのは否定できないだろう。ステランティスはグランドチェロキーの特別記念車とラングラーの派生モデルをともにPHEVで発表したが、これはアメリカ系ステランティスブランドとなるクライスラー系ブランド(クライスラー、ダッジ、ラム、ジープ)のなかで、ジープブランドがグローバル市場において好調なセールスを続けていることもあったものと考えている。

【関連記事】【疑問】アメ車が日本で成功しない理由とは?

フォード・マスタングの発表の様子画像はこちら

 一方のGM(ゼネラルモーターズ)はシボレーブランドでドメスティックモデルといっていい、フルサイズSUVとなるタホのハイパフォーマンスモデルを発表した。しかし、このショー発表モデルより注目されていたGM車があった。それがキャデラック・リリックである。2022年5月に発売されたばかりのクロスオーバーSUVタイプのBEV(バッテリー電気自動車)である。アメリカの高級車ブランドでのBEVということで人気も上々とのことである。

キャデラック・リリックの展示写真画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報