ボルボの次世代電気自動車は11月9日に初公開予定! フラッグシップSUVとなる「EX90」が少しずつ見えてきた (1/2ページ)

ボルボの次世代電気自動車は11月9日に初公開予定! フラッグシップSUVとなる「EX90」が少しずつ見えてきた

この記事をまとめると

■2022年11月9日にボルボの次世代フラッグシップSUVとなる「EX90」が発表される

■内外装に自然素材やリサイクル素材を使用したサステナブルなモデルとなりそうだ

■UXや安全運転支援機能も最新となり、その機能にも注目したい

EX90の登場でボルボの電動化戦略が加速する

 100年に1度の変革期といわれ、カーボンニュートラルの実現によるサステナブルな社会の実現に向け、急加速で変貌を遂げようとするクルマ業界。なかでもボルボはいち早く電動化に取り組んでおり、すでに日本でラインアップするすべてのモデルで電動化を終えている。

 そんなボルボは、2022年11月9日に、次世代のフラッグシップとなる電気自動車SUV「EX90」の発表を予定している。このEX90は、コンセプト・リチャージとして発表されたモデルの市販バージョンとなる。

【関連記事】【試乗】C40&XC40に乗ったらボルボ「電動化」の本気が見えた! 高い完成度と暴力的な速さに嬉しいオドロキ

ボルボ・コンセプト・リチャージのフロントスタイリング画像はこちら

 コンセプト・リチャージは、「エクステリアに自然素材から作られた軽量複合素材を使用し、またインテリアにも自然素材とリサイクル素材を多く採用してプラスチック使用量を削減。エアロダイナミクスに優れた外観デザインで航続距離を延長するとともに、古典的なSUVスタイルと低床化により広い車内空間を提供する」と発表されている。したがって、その市販バージョンであるEX90も、コンセプト・リチャージのコンセプトを受け継いだものとなることが予想される。

ボルボ・コンセプト・リチャージのインテリア画像はこちら

 ボルボでは、EX90のティザーとして、すでにいくつかの情報を開示しているが、そのうちのいくつかを紹介しよう。

 まずはインテリアに関しては、その一部を公開している。インテリアには、ボルボが「ノルディコ」と名付けた新素材を使用しているようだ。ペットボトルなどのリサイクル素材や、スウェーデンやフィンランドの森林から採取したバイオ素材のテキスタイルを用いたもので、スカンジナビアの価値観を現代的に表現し、ボルボのプレミアムなインテリアデザインの新しいスタンダードになるものとしている。

ボルボEX90のインテリア画像はこちら

 また、そのほかにもインテリアには、FSC認証(持続可能な森林活用・保全を目的として誕生した、「適切な森林管理」を認証する国際的な制度)のウッドパネルや再生ポリアミドを使用したカーペットが採用されているという。

ボルボEX90のインテリアウッドパネル画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報