ランボルギーニ・ウルスが進化しSUVからスーパースポーツへ! 666馬力の「ペルフォルマンテ」の実力 (1/2ページ)

ランボルギーニ・ウルスが進化しSUVからスーパースポーツへ! 666馬力の「ペルフォルマンテ」の実力

この記事をまとめると

■2022年11月11日にランボルギーニ・デイ・ジャパン2022が開催された

■ランボルギーニ・デイ・ジャパン2022にてウルス・ペルフォルマンテが日本初公開された

■2024年にはウルスにハイブリッドモデルが追加されることも発表された

前年比3割増しの収益で絶好調のランボルギーニ

 2022年11月11日に、東京の海の森水上競技場をメイン会場に開催されたランボルギーニ・デイ・ジャパン2022で再会した、アウトモビリ・ランボルギーニ社のチェアマン&エグゼクティブオフィサーのステファン・ヴィンケルマン氏は、いつになく明るい表情で我々を迎えてくれた。前回、氏にインタビューしたのは8月のペブルビーチでのことだったが、その時よりも確かにリラックスして見えた姿の理由は何か、それはほどなく始まったプレゼンテーションの内容で、すぐに明らかになった。

【関連記事】フェラーリ・プロサングエはSUVにあらず! デザインを分析するとまごうことなきスポーツカーだった

アウトモビリ・ランボルギーニのチェアマン&エグゼクティブオフィサーのステファン・ヴィンケルマン氏画像はこちら

 2022年はまだ1カ月以上を残す段階だが、すでにランボルギーニは2021年比で8%のプラスにあたる、7430台の新車をデリバリー。収益ベースではプラス30.1%の19億3000万ユーロという数字を記録しているというのだ。

 そのもっとも大きな理由は、ランボルギーニが常に北米、アジアパシフィック、ヨーロッパという3つの地域で平均した販売を実現していること。どこかの市場が伸び悩んでも、それを補完する市場が存在するという強みを持つことが、彼らにとっての大きな力となっているのだ。ちなみに日本は世界で5番目の規模を誇る市場であるという。

 そして忘れてはならないもうひとつの理由こそが、2018年からデリバリーが開始されたSUVならぬSSUV(スーパー・スポーツ・ユーティリティ・ヴィークル)と呼ばれるウルスの成功。

ランボルギーニ・ウルスの集合カット画像はこちら

 将来的にランボルギーニがさらに第4のモデルをデビューさせるのかどうかは現時点では不明だが、ヴィンケルマン氏の考えでは、ミッドシップのスーパースポーツとそれ以外のモデルは、最終的に50:50の比率になる可能性が高いと予想しているようだ。

画像ギャラリー


新着情報