アゲ系の波はポルシェやランボまで動かした! SUVじゃなくて「シャコアゲ」スーパーカーをメーカーが本気で考えているワケ (1/2ページ)

noteで書く
アゲ系の波はポルシェやランボまで動かした! SUVじゃなくて「シャコアゲ」スーパーカーをメーカーが本気で考えているワケ

この記事をまとめると

■自動車メーカーはスーパーカーをオフローダー化したスーパーオフローダーを提案している

■SUVブームに乗っかって市販化を模索している模様

■国土の30%を砂漠が占める中国では一定以上の需要が見込まれる

オフロードも走れるスーパーカーは登場するか?

 これもSUVブームに端を発しているのだとしたら「来るところまで来てるな」感で胸がいっぱいになります。というのは、ポルシェやランボルギーニといった当代随一のスポーツカーブランドが、相次いでオフローダーカスタムを発表し、ごく近い将来の市販さえ控えているというのです!

 2012年、ポルシェが発表したコンセプトモデル「911ヴィジョン・サファリ」。公式にはそれほど多くは語られませんでしたが、この時点ではプロポーザルモデルの域を出るものではありませんでした。

【関連記事】人生「勝ち組」でも水面下の「苦労」はハンパない! 思ったよりラクじゃない「スーパーカー乗り」の悲哀5つ

ポルシェ911ヴィジョン・サファリのフロントスタイリング画像はこちら

 1978年の911SCサファリラリー仕様車トリビュートのコスメティック、つまりマルティニストライプに身を固め、1978年当時はなかったルーフレール、エキストラLEDランプ、大径タイヤを納めるオーバーフェンダーなどなど、なかなかの存在感を醸し出していました。

ポルシェ911ヴィジョン・サファリのリヤスタイリング画像はこちら

 目下のところテスト車両がパパラッチされまくっており、市販化も秒読みかと。もっとも、911は地上高を上げたらエンジン、ミッションの搭載位置を下げる工夫をしてくるはず。でないと、ドライブシャフト(ないしは前輪駆動用シャフトも)がエンジン側とタイヤ(ハブ)側に高低差が生じるだけでなく、大径タイヤによる重量増も手伝ってよからぬ負担がかかってしまうからです。

 実際、このトラブルは1984〜85年のパリ・ダカールでも発生している(1984年のメッジ/レイモン車が実験的車両の953で優勝できたのは僥倖中の僥倖と噂されています)。

1984年のパリ・ダカールラリーで優勝したポルシェ953画像はこちら

 これには964カレラ4の開発責任者、ヘルムート・ボット博士も慎重を期したとされています。

noteで書く

画像ギャラリー


新着情報