最速の遺伝子はやっぱり凄い! ラリー・ジャパンでみた新井大輝選手の爆速っぷり (1/2ページ)

最速の遺伝子はやっぱり凄い! ラリー・ジャパンでみた新井大輝選手の爆速っぷり

この記事をまとめると

■11月10日〜13日に開催された世界ラリー選手権第13戦「ラリー・ジャパン」

■新井大輝選手の活躍にスポットを当てた

■上位のクラス車両を凌駕するタイムで走行し、実力の高さを証明した

2人の日本人選手が活躍した「ラリー・ジャパン」

 WRC第13戦「ラリー・ジャパン」が11月10日〜13日、愛知県・岐阜県で開催。同ラリーではトヨタGAZOOレーシングWRTネクストジェネレーションでトヨタGRヤリスRally1を駆る日本人ドライバーの勝田貴元が躍進、トヨタ勢の最上位となる3位入賞を果たし、母国イベントで表彰台を獲得したのだが、かつて勝田のライバルとして共にヨーロッパで武者修行を行なっていたもうひとりの逸材もラリー・ジャパンで活躍していたことをご存じだろうか?

 勝田と同じ29歳の日本人ドライバーである新井大輝。ご存じのとおり、2度に渡ってプロダクションカー世界ラリー選手権(PWRC)のチャンピオンに輝いた新井敏弘の息子だ。前述のとおり、大輝は全日本ラリー選手権のチャンピオンである勝田範彦の息子、貴元とともにトヨタの若手ドライバー育成プロジェクトの候補生に抜擢され、2016年〜2018年にかけてフィンランドを拠点にラリー活動を展開。最終的に貴元がこのプロジェクトに残り、WRCの最高峰クラスで活躍するようになるが、プロジェクトを離れた大輝もまたスバルのサポートを受けて全日本ラリー選手権で活躍するようになり、2020年には最高峰のJN1クラスでチャンピオンに輝いていた。

【関連記事】バカッ速でド派手な挙動が圧巻! ラリー・ジャパンで目撃した「Rally1」のモンスターっぷり

ラリー・ジャパンに参戦していた新井大輝選手画像はこちら

 しかし、2021年はWRCのクロアチアラリーでクラッシュを喫し、脊椎を損傷したほか、全日本ラリー選手権も散発的な活動に終始。その後も新型コロナウイルスの影響によりヨーロッパでの活動が思ったように行えなかったほか、2022年も全日本ラリー選手権への参戦を休止していたのだが、その大輝がラリー・ジャパンに参戦。2021年のセントラルラリー以来、じつに2年ぶりに日本でのラリーシーンに帰ってきたのである。

 チームはAhead Japan Racing Teamで、コ・ドライバーは2019年のヨーロッパラリー選手権でコンビを組んでいたイルカ・ミノワが担当。気になるマシンはプジョー208 Rally4で、「予算集めからマシンのロジスティックまで自分でやっていたので大変でした。ギリギリでしたが、なんとか間に合いました」と大輝は語る。

新井大輝選手とコ・ドライバーのイルカ・ミノワさん画像はこちら

 チームはラリー活動での実績がなく、マシンが到着したのはラリー・ジャパンの直前。群馬サイクルスポーツセンターでシェイクダウンはしたものの、ほぼぶっつけ本番の状態で、なおかつ、タイヤはそれまで親しんできたヨコハマからダンロップ、ブレーキパッドもエンドレスからウインマックスに変更するなどすべてが新しい挑戦となっていた。

画像ギャラリー


新着情報