サンルーフなワケでもないのになぜ? ラリー車の屋根にある「謎の穴」の正体とは

noteで書く
サンルーフなワケでもないのになぜ? ラリー車の屋根にある「謎の穴」の正体とは

この記事をまとめると

■ラリーカーの屋根にあるダクトの機能を解説

■エアコンがない競技車ならではの装備だった

■市販のスポーツカーや軽トラックにも採用されていた例がある

ラリーという特殊な環境で走るからこそ考えられたシステムだった

 ひと昔前のハイパフォーマンスターボモデルのボンネットに設けられていたエアインテーク。それに似たものがラリーカーのルーフに付いているのを見たことがある人もいるのではないだろうか?

【関連記事】単なるカッコつけ? 市販車が標準装着するリヤウイングは公道しか走らなくても意味はあるのか

シトロエンラリーカー画像はこちら

 あれはいったいどこに風を取り入れるために設けられているのかというと、じつはそのまま車内へとつながっているのである。

 もともと競技車両として作られているラリーカーだけに、エアコンは当然ながら備わっておらず、激しい走りで横転と紙一重の競技では、窓を開けての走行も基本的にはNGとなる。

ラリーカー車内画像はこちら

 そのため、走行風を取り入れることを目的にルーフにエアインテークが設けられているというわけなのだが、これは荒れた路面を走るラリーカーという性格も考慮されているようだ。もし、エアインテークが路面に近い場所にあると砂ぼこりなどがダイレクトに車内に導かれてしまう可能性が高いため、比較的フレッシュな空気を取り入れることができるルーフ部分にインテークが備わっているというワケなのである。

ルーフベンチレーター車内画像はこちら

 ちなみにルーフにエアインテークが備わっているのは、なにも競技車両だけではなく、過去にはインプレッサ(初代・2代目)の市販車モデルにも「ルーフベンチレーター」として装備されていたことがある。

インプレッサWRX STI Ver3走り画像はこちら

 このように標準で備わっている場合は問題ないが、あとから装着しようとするとルーフをカットする必要があるため、「修復歴アリ」と判断される可能性もあるので注意が必要。見ためだけを求めるのであれば、ルーフはカットせず、両面テープなどでダミーのダクトを貼り付けるという方法も検討したほうがいいだろう。

ルーフベンチレーター画像はこちら

 なお、ルーフ部分ではないものの、トヨタ ミニエースやマツダ ポーターキャブといったキャブオーバータイプの車両には、フロントグリルに位置する場所に同様の換気用ベンチレーターが設けられていた。

ラリーカーのルーフにある穴の正体とは画像はこちら

 これはエンジンがフロントに備わっていないキャブオーバータイプだからこそできるレイアウトであり、窓を開けるよりもダイレクトに走行風を取り入れることができるというメリットがあったのだ。

NO IMAGE
名前:
小鮒康一
肩書き:
-
現在の愛車:
日産リーフ(2代目)/ユーノス ロードスター/マツダ・ロードスター(2代目) /ホンダS660/ホンダ・オデッセイ(初代)/ 日産パルサー(初代)
趣味:
長距離ドライブ
好きな有名人:
ザ・リーサルウェポンズ

画像ギャラリー


新着情報