バカッ速DNAを秘めた女性ラリードライバーがデビュー! 平川 亮の妹「平川真子」に期待しかない (1/2ページ)

noteで書く
バカッ速DNAを秘めた女性ラリードライバーがデビュー! 平川 亮の妹「平川真子」に期待しかない

この記事をまとめると

■日本のトップレーシングドライバーである平川亮の妹が全日本ラリーにデビュー

■平川真子は18歳でレーシングカートを始めてレースからラリーに転向

■車両はトヨタ86を使用

18歳でレーシングカートを始めた

 長年にわたってスーパーGTおよびスーパーフォーミュラで活躍するほか、2022年はトヨタGAZOOレーシングよりWECにデビューするなど国内外のレースシーンで活躍する平川 亮。3月18日にはアメリカのセブリングで開催されたWEC第1戦「セブリング1000マイル」で2位入賞を果たしたが、その同じ週末となる3月18日〜20日、愛知県新城市を舞台に開催された全日本ラリー選手権の第1戦「新城ラリー」には平川亮の妹、平川真子が参戦しており、全日本ラリーへのデビューを果たしていた。

 平川真子は18歳からレーシングカートをはじめ、2018年にはKYOJO CUPで四輪レースにデビュー。しかし、2021年には全日本ラリー選手権で活躍する奴田原文雄が主催する「ヌタハララリースクール」に参加したほか、トヨタ86を武器に九州ラリー選手権に参戦するなどラリー競技に転向した。その理由について平川真子は次のように語る。

【関連記事】レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

ラリーデビューを果たした平川真子選手画像はこちら

「兄と親交のある勝田(貴元)選手がWRCに出ているので、映像とかを見てすごいなぁ…と思っていました。でも、あまり詳しくはなくて、コドライバーが何をしているのか、あまり良くわかりませんでしたが、ラリー競技を始めた父からラリーの魅力を聞いているうちに自分でも始めたいと思いました」。

86のドライビングシートに収まる平川真子画像はこちら

 こうしてラリー競技へ興味を持った平川真子は前述のとおり、ヌタハララリースクール、そして九州の地方選手権を経て、ついに2022年より全日本ラリー選手権への参戦を開始したのだが、平川家のDNAなのだろう。WECで活躍した兄の平川 亮と同様に、妹の真子もターゲットとなるJN3クラスで安定した走りを見せていた。

名前:
廣本 泉
肩書き:
JMS(日本モータースポーツ記者会)会員
現在の愛車:
スバルWRX STI(GDB-C)
趣味:
登山
好きな有名人:
石田ゆり子
noteで書く

画像ギャラリー


新着情報