GR86のテレビCM撮影現場に潜入! 歴代ハチロクのど迫力ドリフトに震撼 (1/2ページ)

noteで書く
GR86のテレビCM撮影現場に潜入! 歴代ハチロクのど迫力ドリフトに震撼

この記事をまとめると

■富士スピードウェイでGR86のTVCMの撮影が行われた

■歴代86が勢揃いして走行

■ドローンの迫力ある映像は必見

夕方の富士スピードウェイでリハーサルが行われていた

 3月初旬の富士スピードウェイでGR86のTVコマーシャル撮影が行われるということを聞き、潜入取材させていただくことになった。集合時間は17時、辺りはすっかり暗くなる時間である。少し早めにコースに到着したので、どこで撮影するのかロケハンも兼ねてレーシングコースのまわりを見てまわっていると、ダンロップコーナーからパナソニックコーナーにかけて、もの凄い数のテーブルリフト式ハイライダーがズラリと並べられていて、不思議な雰囲気を醸し出していた。すると、リハーサルだと思われるが、3台のクルマがレーシングコースをドリフトしながら逆走してきた。

【関連記事】ドリフトに挑戦してみたい人にオススメなクルマ8選

ドリフトするCM撮影中の86画像はこちら

 先頭を走るのは白いGR86、それを追いかけるように同じく白の先代86とAE86がキレイにドリフトを決めていた。「凄い。この撮影を真夜中に、ライトアップして行うのか」現場に立ち入った筆者は、その迫力あるシーンを見て感動すら覚えたのだが、この後、撮影に携わっているスタッフに、どういう映像を狙っているのかを聞くとさらに驚かされた。

歴代86のドリフトシーン画像はこちら

 じつは、この撮影は定点での撮影のほかに、ドローン撮影を主として行っていて、ドリフト走行する3台の86をアグレッシブに撮影する手法がとられていた。レーシングコースを走る3台の86をドローンが追走して、途中ドローンがGR86の助手席から車内に飛び込む。そして運転席側から飛び抜けるという非現実的な映像を狙った撮影だったのだ。

CMを撮影するドローンパイロット画像はこちら

 実際にはドローンがコクピットに飛び込むところまでは、ドローンパイロットがドローンを操縦して行い、車内の映像は特殊なスライダーを装着した車両で撮影。そしてその後飛び出すところをドローンで撮影するという特撮映像を組み合わせてひとつのシーンが完成するのだが、完成するTVCMは躍動感のある映像になるというわけだ。

ドローンを通したGR86CMの映像画像はこちら

 TVCMの監督である野添剛士さん(SIXクリエイティブディレクター/CEO)に話を聞くことができた。「今回の撮影は、歴代86、3台でのランデブードリフトをドローンでギリギリまで接近して、迫力ある映像を撮るということを狙ったものになります。これはFRの魅力をこれまでにないようなチャレンジングな撮影手法で伝えるという、モリゾウさんとの会話のなかから生まれたものです。撮影成功の鍵は、3台のドライバーのセンチ単位でのドリフト走行。クルマを操るということと、ドローンを操縦するという『操ると、操る』ところがピッタリと呼吸が合うところが難しいポイントであり、今回の撮影の最大の見所になると思います」とのことだ。

GR86のテレビCM撮影現場に潜入画像はこちら

noteで書く

画像ギャラリー


新着情報