FF・FR・4WDなど駆動方式によって「運転の仕方」を変える必要はある? (1/2ページ)

FF・FR・4WDなど駆動方式によって「運転の仕方」を変える必要はある?

基本的にはドライビングを変えずに運転して良い

 FF、FR、4WD、そしてMRとRR。クルマの駆動方式は基本的にこの5種類。それぞれ得手不得手があって、目的によって使い分けられているわけだが、公道にて制限速度内で走っているようなときは、駆動方式によってドライビングを変える必要は基本的にない。

 さすがに、エンジンが運転席より前にある、FF、FR、4WDと、エンジンが運転席より後ろにあるMR、RRとでは、特性の違いは小さくはないが、タイヤからスキール音が出るほど攻めない限りは、特別なドライビングは不要で、どのクルマも同じように運転すればOKだ。例外があるとすれば、雪道など滑りやすい路面。

 雪道では、4WDが圧倒的に強く、きちんとしたスタッドレスタイヤさえ履いていれば、発進や上り坂でもそれほど気を遣う必要がなく、比較的普通に走れる。

【関連記事】クルマは「FFよりFRが楽しい」「4WDは安定する」などというけど一般人が公道を走っても違いは感じられる?

駆動方式によって運転の仕方を変える必要があるのか画像はこちら

 またFFも駆動輪の上に重たいエンジンが載っているので、雪道は強い。直進安定性もいいが、コーナーでアクセルを強めに踏むとアンダーステアが出やすい。反対にリヤの荷重が少ないぶん、ブレーキでリヤが不安定になる傾向があるが、FFのリヤのスライドは、アクセルオンで収束できる。

駆動方式によって運転の仕方を変える必要があるのか画像はこちら

 FRは静止状態での駆動輪への荷重が少ないので、滑りやすい路面では発進時に繊細なアクセルワークが必要。コーナーリング中も、アクセルオンで、アンダーステアも出るし、オーバーステアも出るので、丁寧なアクセルワークと、カウンターステアも必須!?

駆動方式によって運転の仕方を変える必要があるのか画像はこちら

画像ギャラリー