300万円以下の超戦略的プライスでバカ売れ必至!? ホンダ ZR-Vの発売が2023年4月21日に決定 (1/2ページ)

300万円以下の超戦略的プライスでバカ売れ必至!? ホンダ ZR-Vの発売が2023年4月21日に決定

この記事をまとめると

■ホンダ ZR-Vの販売時期が2023年4月21日(金)であることが正式に発表された

■ホンダのハイブリッドシステム「スポーツe:HEV」をSUVに初搭載

■ドライブモードにホンダの国内SUVとして「スノーモード」を初採用

ホンダのSUVに新たな刺客が登場

 ホンダのミドルサイズSUVとして、2022年7月に発表されたZR-V。日本ではCR-Vとヴェゼルの間を埋めるモデルという位置づけで、スタイリッシュなデザインと機能性を重視したパッケージングが特徴的なモデルだ。日本での販売時期は2022年秋を予定していたが、不安定な国際情勢による納期遅延の影響で2023年春に延期。具体的な日程は不明のままだった。

 そして今回、ホンダ ZR-Vの販売時期が、正式に2023年4月21日(金)となることが発表された。そこでここでは、ホンダ ZR-Vの特徴をいま一度おさらいしよう。

 開発コンセプトは「異彩解放」。ドライバーがクルマを自在に操ることで自分らしさを解放して新たな行動を起こして欲しいという想いが込められている。

 外装は、全体的にボリューミーでありながら滑らかな面を保った流麗なデザインとなっている。フロントはバーチカルグリルと横長でシャープなヘッドライトで上質さを表現。リヤはボディ下部にボリュームを持たせ、上に向かってなめらかに絞り込むことで安定感のある幅広な印象を強調した。

【関連記事】君は誰? 名前は同じなのに国によって違うクルマになる「ZR-V」と「HR-V」と「ヴェゼル」のややこしすぎる関係

ホンダ ZR-Vのリヤ画像はこちら

 内装は、左右に伸びやかに広がるインストルメントパネルや乗員の適度なパーソナルスペースを確保したハイデッキセンターコンソールで快適な室内空間を演出。また、ヒールポイントからピップポイントの高低差を小さくして一体感のあるドライビングポジションを実現。さらに、視線移動時の「流れを乱さない」「流れを切らない」「挙動変化を掴みやすくする」という3つのポイントから見晴らしの良い視界を追求。自車の向きや車両感覚を掴みやすい基調線をクルマの内外に用いるなど、運転のしやすさも考慮されている。

ホンダ ZR-Vの内装画像はこちら

 荷室空間には、限りなくフラットに近づけた床面で使いやすさを追求。国内向けホンダ車初の波形の幾何学模様を採用して統一感のあるデザインと傷が目立ちにくい機能性を両立したサイドパネルを配置した。

ホンダ ZR-Vの荷室空間画像はこちら

 また、パワーテールゲートを全モデルに標準装備したことで、非力な女性にも扱いやすくなっている点もポイントだ。

画像ギャラリー


新着情報