【試乗】本国アメリカでは販売せず! 7人乗りSUVのジープ・コマンダーのマルチっぷりがイイ (1/2ページ)

【試乗】本国アメリカでは販売せず! 7人乗りSUVのジープ・コマンダーのマルチっぷりがイイ

この記事をまとめると

■チェロキーに代わって設定されたミドルサイズSUVのジープ・コマンダーに試乗

■3列シート7人乗りで2リッターの直4ディーゼルエンジンを搭載

■ロールが控えめでフラットな乗り心地でオンロードもイケるジープになっていた

かつての同名モデルとはまったく異なる系統のミドルサイズSUV

 気がつけば、ジープの日本仕様のラインアップから長年親しまれてきたチェロキーの名前が消えていた。そして、実際にはその後継車というわけではないのだが、同じミドルクラスに投じられた新型の7人乗りSUVが、このコマンダーだ。

【関連記事】運転が難しいってホント? どの部分が外せるの? 編集部員がラングラーの「謎」に迫る

ジープ・コマンダーのフロントスタイリング画像はこちら

 かつて日本でも同名のモデルが販売されていたから、その車名には聞き覚えのある読者も多いかもしれないが、まったく別の系統のモデルとなっている。ちなみにジープのラインアップとしては、フラッグシップとなるのはグランドチェロキーで、それはボディサイズや車両価格を見れば一目瞭然となるところ。さらにこのコマンダーはアメリカ本国での販売は計画されていない。

 全長×全幅×全高で4770×1860×1730mm、ホイールベースが2780mmというボディサイズは、2列シートで5人乗りとした標準ボディのグランドチェロキーと比較しても、やはり十分にコンパクトなものに見える。

ジープ・コマンダーのサイドビュー画像はこちら

 エクステリアデザインは、グランドチェロキーからさまざまなディテールを受け継ぎ、都会的なシルエットと軽さを表現したもの。

ジープ・コマンダーのグリル画像はこちら

 今回コマンダーの第一弾モデルとして上陸したのは2リッターの直列4気筒ターボディーゼルエンジンを搭載するリミテッドのみだが、パールコート塗装やサンルーフの有無などによって4タイプのモデルが設定される。

ジープ・コマンダーのエンジン画像はこちら

 価格帯は597万円から618万5000円と、こちらも訴求力は大きい。

画像ギャラリー


新着情報