デリカミニを待つべき? それともいまライバルを買う? 競合車3台と予想比較した立ち位置とは (1/2ページ)

デリカミニを待つべき? それともいまライバルを買う? 競合車3台と予想比較した立ち位置とは

この記事をまとめると

■来年の東京オートサロンでお披露目予定の「デリカミニ」のライバルを考察

■先行公開されている画像から三菱の軽初のハイブリッド仕様が登場すると予想される

■似たようなライバルが社内にもいるので唯一無二のキャラを持って登場する可能性が高い

話題のデリカミニ、ライバルはどんなクルマになるのか考えてみた

 2023年正月明けの東京オートサロンでプレビューされ、2023年初夏にデビューが予定されている、三菱の「デリカミニ」。かつてのパジェロミニファンはもちろん、軽自動車規格のクロスオーバーSUVに興味がある人にとっては、待ちきれない1台となるはずだ。

【関連記事】背中にはハイブリッドのエンブレム! 車高はオフローダーのそれ? 三菱から突如発表された「デリカミニ」ってどんなヤツなのか

デリカミニ画像はこちら

 そこで、既存の軽自動車規格のクロスオーバーモデル、それも「デリカミニ」がekクロススペースをベースにしているとの予想から、同クラスのスズキ・スペーシアギア、ダイハツ・タントファンクロス、そして軽商用車ながら、中身はほぼ乗用軽のスペーシアというスズキ・スペーシア ベースの3台との”予想”ライバル比較を行いたい。

 まず、「デリカミニ」について今、わかっていることから説明すると、すでに述べたように、ベースはeKクロススペース。それにジープや本格高級SUVにもつながる独特の力強さ、本物感ある、デリカの名を冠したことに恥じないエクステリアデザインを持つのが大きな特徴だ。インテリアはまだ一切、公開されていないが、これまたデリカを思わせるオフローダー感覚のデザインがちりばめられていると期待したい。そしてとても重要なことがふたつ。一つ目は、すでに公開されている新色アッシュグリーンメタリックのボディのリヤビューに「DELICA」のロゴが堂々と入るほか、なんとテールゲート右側に「HYBRID」のエンブレムが貼られていること。つまり、マイルドハイブリッドまたはフルハイブリッドが採用されるというわけだ。

デリカミニリヤゲート画像はこちら

 そして、2つ目はeKクロススペースの写真と「デリカミニ」の写真をじっくり比べてみると、タイヤとホイールハウスの隙間の見え方から、どうやら最低地上高もeKクロススペースより高まっているように思えるのだ。eKクロススペースの最低地上高は2WDで155mm、4WDで150mmであり、さすがに背が高く、トレッドが狭いスーパーハイト系軽自動車がベースだけに、操縦安定性を考えると180mmはないにしても、165mmぐらいはあると予想したい。

デリカミニホイール画像はこちら

 ちなみにライバルたるスペーシアギア、スペーシア ベースもまた、2WDで155mm、4WDが150mm。ダイハツ・タントファンクロスは2WDが150mm、4WDはいきなりの165mmとなる。ここで注目したいのは、スペーシアギア、スペーシア ベース、タントファンクロスは、スペーシアやタントをクロスオーバーモデル化しても、標準モデルと最低地上高は変わらない点だ。

タントファンクロスサイドビュー画像はこちら

 軽自動車は地方、そして積雪地で使われるケースも多いことから、ダイハツでは4WDの最低地上高をかせいでいると思われるのだが、ちなみに、スーパーハイト系軽自動車でもっとも売れているホンダN-BOXは、2WD/4WDを問わず、最低地上高は一般的な145mm。よって、155~165mmあれば、本格SUVの最低地上高200mm前後には及ばないものの、ある程度は悪路、雪道での走破性に有利になるだろう。

画像ギャラリー


新着情報