【試乗】キア EV6 GTは1000万円の価格にも納得! 韓国車の急成長っぷりに日本車の危機しか感じなかった (1/2ページ)

【試乗】キア EV6 GTは1000万円の価格にも納得! 韓国車の急成長っぷりに日本車の危機しか感じなかった

この記事をまとめると

■韓国ブランド「キア」のフラッグシップクロスオーバーとなる「EV6 GT」に試乗した

■システム最高出力585馬力によるEV6 GTの走りはエキサイティングかつ快適なものであった

■BEVとしてのクオリティとパフォーマンス、いずれも韓国車のイメージを高める仕上がりとなっている

いま世界的に評価が爆あがりしている韓国車

 それはたしかに短い時間だったのかもしれない。けれどもそのわずかな期間に、韓国や中国の自動車メーカーが生み出すプロダクトは、素晴らしい勢いで進化を遂げてきた。

 今回はカリフォルニアでドライブした3台のキア、すなわちヒョンデ傘下の韓国製BEVのインプレッションをそれぞれお届けしようと思うが、最初にドライブしたこの「EV6 GT」に試乗した瞬間、正直なところ日本はBEVに関しては後進国となってしまったのかという印象を抱かずにはいられなかったというのが正直な気持ちだった。

【関連記事】価格ですら国産車を凌駕! 中国&韓国のEVが性能も含めて驚異でしかない

キアEV6 GTのフロントスタイリング画像はこちら

 キアにとってEV6シリーズは、クロスオーバー車の最上級モデルであり、そのエクステリアデザインも大胆にエッジを効かせた、いかにもスポーティで機能性に優れたものとなっている。ちなみにそのプラットフォームは、ヒョンデが2020年に発表したBEV専用の「E-GMP」と呼ばれる最新型で、ヒョンデはこれを使用して「アイオニック5」をすでに市場へと投入している。

キアEV6 GTのサイドビュー画像はこちら

 さっそくキアEV6 GTの試乗を始めることにしよう。そのスポーティで爽快なパフォーマンスを想像させるエクステリアデザインにも表現されているとおり、このGTは、キアの全ラインアップ中、もっともパワフルなスペックを持つモデルだ。

 搭載されるエレクトリックモーターは、フロントに218馬力、リヤには367馬力でトータル585馬力を発揮。最大トルクはこちらも合計で740Nmを提供する。

キアEV6 GTのリヤスタイリング画像はこちら

 バッテリーの搭載量は77.4kWhとプレミアムクラスのBEVと比較すると比較的小さな数字で、最大航続距離も424kmとそれに応じたスペックとなっている。

画像ギャラリー


新着情報