「コラム」の記事一覧 - 22ページ目

市販車のレプリカカラーも多数出現! WRCで活躍したニッポンの平成名車5選

当時はクルマ好きの誰もが知っていたマシンたち  平成のモータースポーツシーンで印象深いのは、国産車の黄金期とも言えた90年代のWRC。チャンピオンに輝いたトヨタ、三菱、スバルだけでなく、日産、マツダ、スズキ、ダイハツなど...

続きを読む...

他社はこぞって参入する鉄板ジャンルなのになぜ? スバルとマツダがスライドドアのミニバンを作らないワケ

マツダはスライドドア生産のノウハウを持つが……  登録車、軽自動車をあわせて日本で一番売れているクルマといえば、言わずと知れたホンダN-BOX。登録車のセールスでも日産セレナが上位に入っています。いずれも後席スライドドア...

続きを読む...

自動車業界の巨人「トヨタ」が異業種との提携を進めるワケ

いま世界に存在するクルマすべての電動化は不可能に近い  トヨタは、国内自動車メーカーのなかでもとりわけほかの産業分野との提携を推し進めていると感じる人が多いのではないだろうか。そこに、将来へ向けたトヨタの必死さを読み取る…

続きを読む...

SUVなんてオシャレな言葉は似合わない! 悪路を走ってナンボの超硬派な国産モデル4選

乗り味は高級車並だが悪路走破性も最強のクルマ  ここ数年の間ブームが続いているSUV。もはや高級車メーカーだろうがスーパーカーメーカーだろうがSUVを無視するわけにもいかなくなり、どんどん新型SUVが誕生し続けている。し...

続きを読む...

デザインが気に入っても装着できない! クルマのホイール選びが複雑なワケ

ホイールはサイズ選びがややこしい  クルマのドレスアップ、カスタマイズで、大きなファクターをしめるアルミホイール。お気に入りにデザインを見つけたとしても、サイズの関係で装着できないこともままあって、じつはサイズ選びがやや…

続きを読む...

クルマ好き同士が混乱必至! 日本と海外で「名前が被る」のに「違うクルマ」5選

同じ名前同士はどこか共通項があるのも不思議  クルマの名前はブランドの重要な要素で、他社と被るようなことはほとんどない……はずだが、これだけ世界中に自動車メーカーがあって、様々な仕向け地にモデルラインアップをしていると被...

続きを読む...

実録!  オーナーが本音で語るEVのデメリット4選

なんだかんだ言っても長距離移動時の航続距離は気になる  排出ガスがゼロだったり、走行コストが低かったり、モーターによる俊敏な加速が魅力だったりとメリットもたくさん存在する電気自動車。かくいう筆者も電気自動車オーナーの一人…

続きを読む...

レーシングドライバーが指南! 娘が初めてクルマに乗る時に親がやるべき本当のこととは

日本とは運転免許取得方法もガラリと異なる  新年度に加え新元号となり、記念すべき新しい年が始まった。大学への進学や就職など、新たな生活が始まった時期でもあり、なかには初めて自分の車を所有することになる若い人たちも多いので…

続きを読む...

マニアに愛されるクルマの当たり年! 平成11年生まれの名車&迷車5選

時代の変わり目を感じさせるモデルが多い  5月1日から新しい元号「令和」がスタートし、31年の長きに渡って続いた平成の元号が終わった。31年間続いた平成という時代はバブル景気の絶頂期と崩壊、阪神大震災や東日本大震災といっ...

続きを読む...

世界中で大ヒット! SUVブームが衰えない3つの理由

世界的に売れているのは見た目の良さだけじゃない!  世界中でクロスオーバーSUVがブームです。いや、短期的なブームという段階ではありません。すでに、大きなカテゴリーとして成長しています。国産ブランドでいうとマツダやスバル...

続きを読む...

駐車場で見かける「前向き駐車でお願いします」は何のため? 守らなかったら違反になるのか

看板を掲げているコンビニ及びラーメン店に直撃取材  コンビニやファミレスなどの駐車場でよく見かける、「前向き駐車でお願いします」という看板。「前向き駐車」というのは、道路側・通路側とは反対向きに、クルマの頭から駐車スペー…

続きを読む...

並んだクルマはビジャビジャ! なぜ上海では一般車がいてもお構いなしに散水車で水を撒くのか?

信号待ちで隣にクルマがいても容赦なく散水しまくる  上海モーターショー取材のために上海に滞在していた期間は、幸いにも大きな天候悪化もなく、中国にしては珍しく青空が見える日が多かった(EVなどの普及が進む昨今では大気汚染も...

続きを読む...

最近欲しいクルマがない……と嘆く人に人生一度は乗ってほしい刺激的な90年代国産車5選

今のクルマが物足りないと感じるなら90年代車に乗るべき  現代のクルマ選びでは環境性能や先進安全装備が重視される傾向にある。クリーンな排ガスを実現するためにエンジンは高回転まで使わないようになっているし、エアバッグなどの...

続きを読む...

単なる強度じゃない! クルマの解説によくでてくる「剛性」ってなに?

「剛性」と「強度」は必ずしもリンクしない  新車の解説を見ていると、よく目にするのが「ボディ剛性が上がった」とか、「ボディ剛性を高いレベルで確保」といったフレーズ。この剛性という言葉、強度となにが違うのだろうか? いった…

続きを読む...

やはり高齢者は事故率が高い? 1位の85歳以上に続くのは19歳以下という自動車事故の年代別割合と防止策

2番目に事故が多いのは19歳以下の若年層  最近話題の高齢ドライバーによる大きな事故の問題。高齢者のドライバーは、ほかの世代のドライバーに比べ本当に事故が多いのか? そしてどれだけ危険なのかを、公的なデータを元に、ひとつ...

続きを読む...

ウィークリーランキング