「海外ショー」の記事一覧

ついに真打ちが登場!? フランス・パリモーターショーでカローラセダンのシルエットを発見!

これが新型アクシオになるのか!?  先にお伝えしたように、パリサロン2018のトヨタブースにはカローラツーリングスポーツが展示され話題を集めた。展示ステージの大型ビジョンにはカローラのイメージムービーが放映されたのだが、...

続きを読む...

ベトナム初の自動車メーカー「ビンファースト」がフランス・パリサロンでデビュー!

今後は電気自動車なども手がけグローバルに展開予定  パリサロン2018にブースを出展したビンファースト(VINFAST)という自動車メーカーをご存じだろうか? ベトナムの大手企業ビングループが新たに設立したメーカーで、ベ...

続きを読む...

パリサロンで初披露! スタイリッシュに生まれ変わったメルセデス・ベンツGLEクラス

新開発の足まわりで最上級SUVらしい走りを実現  従来はMクラスと呼ばれ、現行モデルの改良時にGLEと車名を変更したが、その新型モデルがパリショー2018で初公開となった。  ダイナミックさを追求したデザインはスタイリッ...

続きを読む...

質感をグッと高めたレクサスRCマイナーチェンジモデルがフランス・パリサロンに登場

運動性能もアップして走る楽しさを際立たせた  パリサロン2018のレクサスブースではマイナーチェンジしたRCが公開された。エクステリアはこれまでのスポーティクーペのイメージはそのままに、各部のデザインをリファインすること...

続きを読む...

先代よりもグッとスポーティさを増した新型メルセデス・ベンツBクラスがワールドプレミア

Sクラス譲りの最先端安全装備を備える  3代目となる新型Bクラスがパリサロン2018で披露された。新型のコンセプトはスポーツツアラーとされ、よりスポーティなモデルとして生まれ変わっている。  インテリアは大型ワイドスクリ...

続きを読む...

約20年ぶりに復活したBMW8シリーズクーペがフランス・パリサロンに登場

日本への導入も検討されているラグジュアリークーペ  BMWのフラッグシップとなるラグジュアリークーペの8シリーズがパリサロン2018で公開。その美しいスタイルは来場したプレス関係者からも熱い視線を集めていた。  開発者は...

続きを読む...

ノーマルよりも少しだけ刺激を求める人へ! メルセデスAMG A35 4MATIC誕生

AMGの世界観を手軽に味わえるエントリーモデル  AクラスのエントリーAMGとして新しく追加されるのがA35 4MATIC。今後追加されるであろうトップモデルであるA45 4MATICと通常のAクラスの中間に位置づけられ...

続きを読む...

じつに7年ぶりのフルモデルチェンジ! 7世代目BMW 3シリーズついに登場

ボディサイズ拡大で室内空間もより快適に  BMWはCセグメントセダンの世界的ベンチマークである3シリーズをパリサロン2018でワールドプレミアした。7世代目となる新型はおよそ7年ぶりとなるフルモデルチェンジだ。  ボディ...

続きを読む...

現地速報! フランス・パリサロンでワゴンボディのカローラツーリングスポーツをワールドプレミア

先代のカローラフィールダーよりも大型化!  トヨタはパリサロン2018にて、カローラツーリングスポーツをワールドプレミアした。車名のとおり先日フルモデルチェンジしたカローラスポーツをベースにしたワゴンモデルで、欧州ではオ...

続きを読む...

中国人は「L」が好き? 大型車じゃダメで小型車のロングWB車が必要な事情とは

EVに続き日本メーカーは「L」化でも遅れをとっている印象  今回の北京モーターショーにおいて、メルセデス・ベンツは予告通りにメルセデス・ベンツAクラスセダンをワールドプレミアさせた。さっそくメルセデス・ベンツブースへ行き...

続きを読む...

パクリは健在!? 日本人が手がけた中国車JAC「瑞風S7」が登場

インテリアはメルセデス・ベンツSクラスにそっくり!  JACとは日本のユーザーには聞き慣れない社名だろうが中国では商用車を中心に大きなシェアを築いている。正式な会社名は「安徽江淮汽車」という。そのJACも最近のSUVブー...

続きを読む...

EVとSUVの多さに驚き! 国沢光宏さんと中谷明彦さんが振り返る北京モーターショー【動画あり】

中国事情を無視してクルマの開発をすることはもはや考えられない  今回の北京モーターショー会場には日本人のモータージャーナリストも多く取材に訪れていた。その中には「日本でもっとも影響力のあるモータージャーナリスト」として知…

続きを読む...

ホンダの現地法人が開発したEV「理念」は今後の中国市場で重要な1台となるのか

中国の政策に対応するべく誕生した期待の星といえる  今回の北京モーターショーでホンダが世界初公開したのが「理念 EV CONCEPT」だ。一見未来感溢れる外観に目を奪われるが、ボディサイドの造形をみると現在中国で販売され...

続きを読む...

北京モーターショーで登場したWEYの最新ハイブリッドSUVを女性ジャーナリストが紹介【動画あり】

ハイブリッド&AWDで魅力がアップした注目のSUV  昨年あたりから中国の自動車メディアも大変革期を迎えている。インターネット媒体の台頭により紙媒体であるクルマ雑誌は激減し、ネットメディアが中心の構成状態となった。しかも...

続きを読む...

ハッチもいいけどセダンが欲しい! 中谷明彦さんも惚れたトヨタ・レビンPHVを解説【動画あり】

現行プリウスPHVのシステムを流用する初の中国現地生産モデル  中国専用セダンにレビンがある、といち早くレポートしたのは2016年5月のWEB CARTOPだったが、そのレビンにPHV(プラグイン・ハイブリッド)が用意さ...

続きを読む...

1 / 1112345...10...最後 »

ウィークリーランキング

  1. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  2. トヨタはC! ホンダは音楽! メーカーごとの不思議な車名の共通性

    トヨタはC! ホンダは音楽! メーカーごとの不思議な車名の共通性

    最近は共通性が崩れつつあるケースも 最近はそうでもないが、かつてクルマ...

  3. 中古ゆえに安いはずが新車よりも高値が付くクルマのパターン3つとは

    中古ゆえに安いはずが新車よりも高値が付くクルマのパターン3つとは

    当然鍵は希少性だが売れまくった車種でも高値になる可能性も クラシックカ...

  4. 一般人には理解不能! クルマ好きのやりがちな行為5つに意味はあるのか

    一般人には理解不能! クルマ好きのやりがちな行為5つに意味はあるのか

    昔は意味があったが今となっては不要な行為も サーキットのパドック、ある...

  5. 新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    「急」「高」「長」を控えたほうがいい 念願の新車を購入し、いよいよ納車...

  6. 先代の3倍の売れ行き! トヨタ・カムリ成功の裏にあるプリウスの苦悩

    先代の3倍の売れ行き! トヨタ・カムリ成功の裏にあるプリウスの苦悩

    先代カムリの700台に対し2400台という月販目標 2017年7月10...

  7. 【奇才】カウンタックを手がけた「ガンディーニ」デザインのクルマ5選

    【奇才】カウンタックを手がけた「ガンディーニ」デザインのクルマ5選

    現役デザイナーからも尊敬される才能の持ち主 マルチェロ・ガンディーニ。...

  8. 「ハチマキ・ヨンメリ・水中メガネ」一風変わった愛称で親しまれたクルマ7選

    「ハチマキ・ヨンメリ・水中メガネ」一風変わった愛称で親しまれたクルマ7選

    愛称が付けられるということは人気車種の証 大好評の第1弾に引き続き、ま...

  9. 電気で走れる楽しさがさらにアップ! 日産ノートe-POWERのチューニングアイテム登場

    電気で走れる楽しさがさらにアップ! 日産ノートe-POWERのチューニングアイテム登場

    走りの良さだけでなく燃費を重視したモードも 日産のモータースポーツ活動...

  10. 販売ランキング下位なのがおかしいほど魅力あふれる現行車5選

    販売ランキング下位なのがおかしいほど魅力あふれる現行車5選

    クルマを操るという楽しさを存分に味わうことができる 21世紀になって大...