「海外ショー」の記事一覧 - 3ページ目

じつに7年ぶりのフルモデルチェンジ! 7世代目BMW 3シリーズついに登場

ボディサイズ拡大で室内空間もより快適に  BMWはCセグメントセダンの世界的ベンチマークである3シリーズをパリサロン2018でワールドプレミアした。7世代目となる新型はおよそ7年ぶりとなるフルモデルチェンジだ。  ボディ...

続きを読む...

現地速報! フランス・パリサロンでワゴンボディのカローラツーリングスポーツをワールドプレミア

先代のカローラフィールダーよりも大型化!  トヨタはパリサロン2018にて、カローラツーリングスポーツをワールドプレミアした。車名のとおり先日フルモデルチェンジしたカローラスポーツをベースにしたワゴンモデルで、欧州ではオ...

続きを読む...

中国人は「L」が好き? 大型車じゃダメで小型車のロングWB車が必要な事情とは

EVに続き日本メーカーは「L」化でも遅れをとっている印象  今回の北京モーターショーにおいて、メルセデス・ベンツは予告通りにメルセデス・ベンツAクラスセダンをワールドプレミアさせた。さっそくメルセデス・ベンツブースへ行き...

続きを読む...

パクリは健在!? 日本人が手がけた中国車JAC「瑞風S7」が登場

インテリアはメルセデス・ベンツSクラスにそっくり!  JACとは日本のユーザーには聞き慣れない社名だろうが中国では商用車を中心に大きなシェアを築いている。正式な会社名は「安徽江淮汽車」という。そのJACも最近のSUVブー...

続きを読む...

EVとSUVの多さに驚き! 国沢光宏さんと中谷明彦さんが振り返る北京モーターショー【動画あり】

中国事情を無視してクルマの開発をすることはもはや考えられない  今回の北京モーターショー会場には日本人のモータージャーナリストも多く取材に訪れていた。その中には「日本でもっとも影響力のあるモータージャーナリスト」として知…

続きを読む...

ホンダの現地法人が開発したEV「理念」は今後の中国市場で重要な1台となるのか

中国の政策に対応するべく誕生した期待の星といえる  今回の北京モーターショーでホンダが世界初公開したのが「理念 EV CONCEPT」だ。一見未来感溢れる外観に目を奪われるが、ボディサイドの造形をみると現在中国で販売され...

続きを読む...

北京モーターショーで登場したWEYの最新ハイブリッドSUVを女性ジャーナリストが紹介【動画あり】

ハイブリッド&AWDで魅力がアップした注目のSUV  昨年あたりから中国の自動車メディアも大変革期を迎えている。インターネット媒体の台頭により紙媒体であるクルマ雑誌は激減し、ネットメディアが中心の構成状態となった。しかも...

続きを読む...

ハッチもいいけどセダンが欲しい! 中谷明彦さんも惚れたトヨタ・レビンPHVを解説【動画あり】

現行プリウスPHVのシステムを流用する初の中国現地生産モデル  中国専用セダンにレビンがある、といち早くレポートしたのは2016年5月のWEB CARTOPだったが、そのレビンにPHV(プラグイン・ハイブリッド)が用意さ...

続きを読む...

FFとは思えぬ走りが自慢! レクサスESのチーフエンジニアに北京でインタビュー【動画あり】

Fスポーツはチーフエンジニアも徹底的に走り込んで開発した  秋に日本デビューするレクサスESの発表会壇上で初の開発責任者インタビュー。LSに近い仕上がりというからすごい!  新型のレクサスESが世界で初めて北京で公開され...

続きを読む...

新型フォレスターも搭載! スバルが中国で投入するモーターアシスト仕様とは【北京モーターショー2018】

XVにも搭載し、中国市場に初投入する  2018年4月25日からスタートした「2018年北京モーターショー(2018第15回北京国際汽車展覧会)」で、スバルは、新型フォレスターの中国仕様を出展している。  フォレスターと...

続きを読む...

年内に発売! ホンダが中国市場にSUVタイプの電気自動車を投入【北京モーターショー2018】

年内には発売される注目のコンセプトモデル  5月4日まで一般公開される2018年北京モーターショー(2018第15回北京国際汽車展覧会)にて、ホンダは中国専用となる電気自動車(EV)のコンセプトモデルを世界初公開した。 ...

続きを読む...

日本未発売のトヨタ・カローラ&レビンにPHVが登場!【北京モーターショー 2018】

 トヨタ初の海外生産PHVモデル  北京国際展覧中心で4月25日のプレスデーから始まった2018北京モーターショーで、トヨタは「カローラPHV(一汽豊田汽車有限公司)」と「レビンPHV(広汽豊田汽車有限公司)」の2車を初...

続きを読む...

日本車は完全に周回遅れ! 中国の圧倒的な電動化技術に危機を感じない日本の危うさ

電池・モーター・制御技術で日本を圧倒する中国  中国は電線使う”普通の電話”が普及する過程を経ず、携帯電話の時代になった。そればかりか、今やスマートフォンの主要生産国は中国である。中国ブランドの携...

続きを読む...

メルセデス・ベンツがロングホイールベースの中国専用Aクラスセダンを発表【北京モーターショー2018】

一番コンパクトなAクラスでも快適にくつろげる後席をもつ  4月25日から5月4日まで、北京国際展覧中心(北京インターナショナル・エキシビション・センター)で開催される「2018第15回北京国際汽車展覧会(2018年北京モ...

続きを読む...

現行リーフのユニットを流用! 中国で日産ブランド初のEVをお披露目!【北京モーターショー2018】

中国の基準で約340km走行可能!  4月25日から北京国際展覧中心(北京インターナショナル・エキシビション・センター)でスタートした、2018年北京モーターショー(2018第15回北京国際汽車展覧会)において、日産自動...

続きを読む...

3 / 1312345...10...最後 »

ウィークリーランキング

  1. 悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

    悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

    空の状態から満タンで軽く1万円以上になるモデルたち 先日燃料タンクが車...

  2. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  3. 「ケチらなきゃよかった……」納車後に後悔しがちなメーカーオプション5選

    「ケチらなきゃよかった……」納車後に後悔しがちなメーカーオプション5選

    確かにお金はかかるが下取り時に取り戻せるものも メーカーオプションとは...

  4. 「怖い系の人」や「午前3時の女」タクシードライバーが実際に遭遇する作り話のような客

    「怖い系の人」や「午前3時の女」タクシードライバーが実際に遭遇する作り話のような客

    兄貴分と舎弟が繰り広げるドラマのような会話も タクシーという乗り物は日...

  5. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  6. しょせん軽……なんてバカにする時代は終わった! 新東名の120km/h区間を余裕で走れる軽自動車6選

    しょせん軽……なんてバカにする時代は終わった! 新東名の120km/h区間を余裕で走れる軽自動車6選

    今どきは軽自動車でもアクティブクルコン装備車が選べる!  新東名の新静...

  7. クルマはいいけど不人気!  日陰の存在だからこそお買い得の現行国産車4選

    クルマはいいけど不人気!  日陰の存在だからこそお買い得の現行国産車4選

    不人気モデルは値引き幅が大きくなる傾向にある 自動車には当然のように車...

  8. ノーマルでも爆音気味のスーパーカーは車検に通るのか?

    ノーマルでも爆音気味のスーパーカーは車検に通るのか?

    国土交通省によれば例外はなく同じ騒音規制を適用 フェラーリやランボルギ...

  9. 走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    ひとたび本気で走らせようとすると手に負えない挙動に スポーツカーをドラ...

  10. 「高級ミニバン」vs「高級セダン」 後席で移動するならどちらが快適か

    「高級ミニバン」vs「高級セダン」 後席で移動するならどちらが快適か

    広さや乗降性ならミニバンだが走行すると…… レクサスLSが新しくなり、...