「海外ショー」の記事一覧 - 3ページ目

日本車は完全に周回遅れ! 中国の圧倒的な電動化技術に危機を感じない日本の危うさ

電池・モーター・制御技術で日本を圧倒する中国  中国は電線使う”普通の電話”が普及する過程を経ず、携帯電話の時代になった。そればかりか、今やスマートフォンの主要生産国は中国である。中国ブランドの携...

続きを読む...

メルセデス・ベンツがロングホイールベースの中国専用Aクラスセダンを発表【北京モーターショー2018】

一番コンパクトなAクラスでも快適にくつろげる後席をもつ  4月25日から5月4日まで、北京国際展覧中心(北京インターナショナル・エキシビション・センター)で開催される「2018第15回北京国際汽車展覧会(2018年北京モ...

続きを読む...

現行リーフのユニットを流用! 中国で日産ブランド初のEVをお披露目!【北京モーターショー2018】

中国の基準で約340km走行可能!  4月25日から北京国際展覧中心(北京インターナショナル・エキシビション・センター)でスタートした、2018年北京モーターショー(2018第15回北京国際汽車展覧会)において、日産自動...

続きを読む...

トヨタC-HRが中国でも発売! 北京モーターショー開幕前夜に盛大な発表会を開催

ファッションショーも開催されるほど盛大に発表会となった  4月25日から5月4日まで、北京国際展覧中心(北京インターナショナル・エキシビション・センター)で開催される「2018第15回北京国際汽車展覧会(2018年北京モ...

続きを読む...

7代目の新型レクサスESを北京モーターショーで世界初公開! 日本には秋に導入

走り系のFスポーツもラインアップ  4月25日、北京国際モーターショーで、レクサスは世界で初めて挑戦的な顔を持つ新型ESを発表した。ブースに集まった中国メディアは、新型登場に珍しく拍手が沸き起こった。  最初に登場したの...

続きを読む...

39年ぶりに全面刷新したメルセデス・ベンツ「Gクラス」の開発責任者にインタビュー

伝統を活かしエクステリアデザインはキープコンセプト  メルセデス・ベンツ最強のSUV「Gクラス」が、39年ぶりにフルモデルチェンジ。デトロイトショーでG550、ジュネーブショーでAMG G63がお披露目された。今回、統括...

続きを読む...

明暗クッキリ! 衰退する自動車ショーがあるなかNYショーが注目を集めるワケ

日本メーカーもNYショーを重要視している内容で展開  何かとイベントの多い大都市だからなのか、タクシードライバーなどに「何しにきたのか?」と聞かれて、「ニューヨークオートショーの取材にきた」と伝えても、「そんなのあったけ...

続きを読む...

【ムービー】大きすぎてもダメ! スバル新型フォレスターのデザイナー大関 透さんにインタビュー

運転のしやすさはそのままに快適性などを向上させた  スバルの人気SUV、フォレスターの5代目がニューヨークオートショーにてワールドプレミアされた。ボディサイズはキープコンセプトだが、車内は広くなって快適性は向上している。...

続きを読む...

【ムービー】SGPで走りの良さもアップ! スバル新型フォレスター開発責任者の布目智之さんにインタビュー

室内の寸法を決めてからから最適なボディサイズを導き出した スバル新型フォレスターがアメリカ・ニューヨークオートショーで発表された。フロントマスクなどは先代モデルにも似たエクステリアデザインが与えられているが、どんなところ…

続きを読む...

【ムービー】日月専務に直撃! スバル新型フォレスターは一番ユーザーのことがわかっているSUV

ずっと乗っていただいているユーザーを裏切ってはいけない  4月8日まで開催されているニューヨークオートショーにて、スバルの人気SUVであるフォレスターがワールドプレミアされた。5代目となる新型を開発するにあたり、どのよう...

続きを読む...

【ムービー】12代目トヨタ・カローラがついにデビュー! 開発者に直撃インタビュー

若い人たちに喜んでもらえるクルマにしたかった アメリカで4月8日まで開催されているニューヨークオートショーに、トヨタはカローラハッチバックを世界初公開した。12代目となるカローラは、20代から30代の人に乗ってほしいとチ...

続きを読む...

日本でも復権を狙う12代カローラ堂々デビュー! 日本では初夏に登場予定

「若い人にも乗ってほしい」の願いを込めてハッチからのお披露目  カローラは1966年に初代モデルが登場、以降、50年以上にわたり進化を続け、累計4500万台以上を販売したトヨタの「顔」と言ってもいいモデルである。しかし、...

続きを読む...

日本にも2019年導入! 新型トヨタRAV4は2.5Lのガソリンとハイブリッドで展開

4代目は日本導入されなかったが5代目で日本復活!  今や世界的なSUVブーム。なかでも北米では、もはや一過性の流行ではなく、SUVが“乗用車のスタンダード”ともいえる位置づけになっている。その象徴とも言えるのがトヨタRA...

続きを読む...

【現地速報】新型スバル フォレスターがNYで公開! 日本では6〜7月ごろ登場予定

世界でもっとも売れているSUBARU車フォレスターの5代目!  世界でもっとも売れているSUBARU(スバル)車は何か? じつはインプレッサ(IMPREZA)でもアウトバック(OUTBACK)でもなく、フォレスター(FO...

続きを読む...

【ムービー】スバル・ヴィジヴ・ツアラーコンセプトの開発者を直撃インタビュー

次期レヴォーグではない!? 新世代のワゴンに注目  シューティングブレークのような美しいデザインのスバル・ヴィジヴ・ツアラーコンセプトが2018年3月6日にスイス・ジュネーブショーで世界初披露された。走る楽しさを120%...

続きを読む...

3 / 1212345...10...最後 »

ウィークリーランキング

  1. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  2. 「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    車検は継続検査のみを指しディーラー車検は点検整備代も含む 車検とは自動...

  3. 【意外と知らない】新品タイヤはナラシ走行をしないと寿命が短くなる!

    【意外と知らない】新品タイヤはナラシ走行をしないと寿命が短くなる!

    タイヤは装着後に「成長」するもの クルマの消耗品の中でも重要度が高く、...

  4. ふんわりアクセルはNG!? 本当にエコなアクセルの踏み方とは

    ふんわりアクセルはNG!? 本当にエコなアクセルの踏み方とは

    ゆっくり過ぎる加速は自分自身にも社会全体でもエコじゃない 最近はガソリ...

  5. 【今さら聞けない】タイヤの溝に挟まった小石は取るべき?

    【今さら聞けない】タイヤの溝に挟まった小石は取るべき?

    神経質になる必要はないがマナーの面でも取り除いたほうがいい JAFのロ...

  6. 【噂の真相】洗車しすぎはクルマを痛めるって本当?

    【噂の真相】洗車しすぎはクルマを痛めるって本当?

    細かい所に水が入り込みサビの原因になることがある クルマ好きが、街のあ...

  7. 【噂の検証】タイヤワックスがタイヤに悪いってホント?

    【噂の検証】タイヤワックスがタイヤに悪いってホント?

    実際に試してもとくに悪影響は確認できず これは耳にしたことも多いだろう...

  8. 【噂の真相】駐車場の車止めにタイヤを当てて停めないほうが良いってホント?

    【噂の真相】駐車場の車止めにタイヤを当てて停めないほうが良いってホント?

    何度も強く当てるとクルマにストレスが溜まる スーパー、コンビニ、レスト...

  9. 衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    街乗りで実質4〜5km/Lがほとんどの中……さらに強者も 今やクルマの...

  10. マメに洗車をしてるのに……なぜか「くたびれ感」の出た愛車に「シャッキリ感」を取り戻す方法7つ

    マメに洗車をしてるのに……なぜか「くたびれ感」の出た愛車に「シャッキリ感」を取り戻す方法7つ

    蓄積した汚れや小キズがくたびれたように見えてしまう原因 あんなに新車の...