「タグ: スズキ」の記事一覧

スズキに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

自社開発をやめても販売は続ける! マツダやスバルがOEM軽自動車を扱う「止むに止まれぬ」事情

軽自動車は薄利多売でありながら売れ筋のカテゴリーだ  軽自動車はOEM(相手先ブランド供給)が活発で、もっとも顕著なのは軽商用車だ。スズキが製造するエブリイは、日産NV100クリッパー、マツダ・スクラムバン、三菱ミニキャ...

続きを読む...

【ムービー】筑波オブ・ザ・イヤー2020はどのクルマに? CARトップ恒例サーキットテストPart2

話題の軽自動車やSUVの実力はどうか?  姉妹誌のCARトップが長年行っている、注目の新車の性能をチェックする筑波サーキットテスト。2020年も魅力的な新車を多く走らせて評価してきた。  今回は、その集大成となる、筑波オ...

続きを読む...

鈴木修会長の「勘ピュータ」の勝利! トヨタでも日産でもなくインドで「スズキ」が圧倒するワケ

インド政府がスズキに国民車普及を依頼したことがきっかけ  インド最大の都市であるデリー市街を歩いたり、またはタクシーやライドシェアのクルマの車窓からデリー街の様子を見ていると……。スズキの車が多いことを実感する。これは、...

続きを読む...

京商ミニカーブック第4弾はスズキ・ジムニー! 精巧なモデルカーとマガジンのセットで1月26日発売

マガジンでは話題のジムニー女子などを特集!  本格RCカーやモデルカーなど、魅力的なホビーアイテムを多数ラインアップする京商。同社が手掛ける、精巧なモデルカーと読み応え十分なマガジンをセットにした「KYOSHO MINI...

続きを読む...

登録車販売はトヨタが独走! 経済的に厳しいコロナ禍で高収益の「高額車」が売れる理由とは?

僅差ではあるもののスズキの販売台数を上まわる!  2021年1月上旬に、自販連(日本自動車販売協会連合会)が登録車、全軽自協(全国軽自動車協会連合会)が軽自動車、それぞれの2020年12月の単月新車販売台数を発表した。2...

続きを読む...

大幅値引きに唖然! いま「ルーミー」とそのライバル「ソリオ」が狙い目なワケ

トヨタの全店併売化によって同車種の値引き競争が熾烈を極める  スズキの新型ソリオが登場して、再び脚光を浴びているのがトヨタ・ルーミー。ボディサイズやキャラクターからいけば、ソリオとルーミーはライバルといっても構わないのだ…

続きを読む...

【試乗】スズキ・ソリオは全方位で進化! 走りの質感や機能性も向上した魅力的プチバン

先代の良いところは受け継ぎユーザーの要望に応えた改良を実施  スズキ・ソリオはまさに日本の道、ファミリー、運転初心者からベテランドライバー、そして愛犬家にもぴったりの、使いやすさ抜群な5ナンバーサイズのコンパクトトールワ.…

続きを読む...

純正用品からワインまで! スズキがオンラインで商品を買えるECサイト「S-MALL」を2021年1月11日にオープン

純正用品からワインまで幅広くラインアップ!  スズキは、インターネットでオリジナルグッズなどを購入できるオンライン販売サイト「S-MALL(エスモール)」を、2021年1月11日(月・祝)午前11時より公開する。  S-...

続きを読む...

信頼できる店で買えて購入後も安心 さらにローン金利もお得な新型ハスラー・DAMDコンプリートを手に入れる

DAMDが新型ハスラー用ボディキットをリリース  2020年1月に2代目へとフルモデルチェンジ。11月までに7万台以上を販売したスズキ・ハスラー。その初代が発売されたのは2014年1月で、同年12月までに10万台以上売れ...

続きを読む...

スズキvsダイハツの軽自動車「販売台数」争い! 2020年の勝者が「ダイハツ」濃厚な理由とは

2020年の販売台数はダイハツが優勢  全軽自協(全国軽自動車協会連合会)の統計によると、2020年11月の単月軽四輪車総数において、ダイハツが5万2523台を販売。スズキの4万8584台に3939台差をつけてトップとな...

続きを読む...

乗車定員は2名のままなのにキャビンを拡大! 豪華版「軽トラック」はナゼ必要?

キャビン付きが全体の2割を占めるほど売れているモデルも!  現在OEMを除く本家はダイハツ・ハイゼット、スズキ・キャリイ、ホンダ・アクティの3車種がある軽トラックは、アクティが来年6月に生産終了となる予定となっているのも...

続きを読む...

生き残るのは至難のワザ! 期待されて登場するも消えた「5ドアハッチバック」5選

トヨタは市場を模索しつつ5ドアハッチバックを多く投入していた  4ドアセダンに始まりFF2BOX、1BOXワゴン、ミニバンと時代に応じて市場の支持を集める車両形態は変化を続けてきたが、なぜか注目を浴びない車型があった。5...

続きを読む...

「安ウマ」の小型車だけじゃなかった! スズキの歴史に残る「スゴイ」技術4

軽に見合ったコストとアイディアを組み合わせたスゴ技も!  2020年に創立100周年を迎えたスズキ。もともと自動織機にルーツを持つ同社は、二輪・四輪・船舶と幅広い製品を揃える世界でも有数のモビリティ企業。日本では軽自動車...

続きを読む...

スズキ・エスクードにカッパーブラウンのアクセントをプラスした特別仕様車「Sリミテッド」を設定し発売

ボディカラーは日本市場で初の組み合わせも用意  スズキは、人気SUVのエスクードに内外装をスタイリッシュに仕立てた特別仕様車「Sリミテッド」を設定。11月24日より発売した。メーカー希望小売価格(税込み)は、277万42...

続きを読む...

スズキ・ソリオがフルモデルチェンジ! ボディサイズ拡大で広々室内空間を確保し乗り心地や静粛性も向上

先代に採用されていたストロングハイブリッドは採用されず  スズキのAセグメント背高ワゴン「ソリオ」が5年ぶりにフルモデルチェンジ。2000年デビューのワゴンRソリオから数えて4代目となる新型が12月4日に発売される。  ...

続きを読む...

1 / 1212345...»

デイリーランキング