「タグ: フェラーリ」の記事一覧

フェラーリに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

レーシングドライバーすら陶酔! クルマ好きなら一生に一度は「所有してほしい」2台のモデルとは

F1マシンのノウハウを注ぎ込んだミッドシップフェラーリ  レーシングドライバーなら誰もが憧れるのが「フェラーリ」だ。どんなに苦難が伴おうとも決してF1参戦を休止したり中止したりしない。エンジンもシャシーも自社開発し、幾多...

続きを読む...

単に「目立つから」じゃなかった! スポーツ車のイメージカラーに「派手な色」が多いワケ

スポーツモデルのボディカラーはモータースポーツに由来  スポーツカー、スポーツモデルのボディカラー、イメージカラーに赤や黄色など、派手な色が採用されているのはなぜだろうか。一般的に、乗用車のデザイン、開発時に用いられるボ…

続きを読む...

伝説中の伝説! 「288GTO」「イオタ」「2000GT」がクルマ好きに「神聖視」されるワケ

生産台数はごくわずかだがそれぞれに深いエピソードがある  デビュー当初からスーパーな存在であったスーパーカーのなかでも特に伝説として語られる車種がある。タイトルにもあるフェラーリ288GTOやランボルギーニ・イオタ、トヨ...

続きを読む...

「本物のミッドシップ」は限界域でも難しくない! レーシングドライバーが語る「残念な」MR車とは

スポーツタイプの国産現行モデルでMRを採用するNSXとS660  自動車のパッケージングレイアウトにはさまざまな形態がある。最近の乗用車はフロントにエンジンを横置き搭載し、前輪2輪を駆動するFFパッケージが主流となってい...

続きを読む...

フェラーリやランボルギーニのほうが圧倒的に売れている! 月販一桁台もあるホンダNSXが売れない謎

スーパースポーツ系のメーカーは伸びている  コロナ禍もあって身のまわりで景気のいい話を聞かないという人も多いでしょうが、低金利の融資が受けやすくなったことで、スーパーカー・カテゴリーのモデルは好調に売れているという話もあ…

続きを読む...

「車検200万円」「すぐ壊れる」はウソ!  庶民でも狙える「フェラーリ」の本当の維持費と驚きの下取り価格

程度のいい中古車で4年以内の売却なら大きな出費はあまりない  車両価格の高いクルマは、購入できても維持できないのでは、と考える人が多い。かく言う私も、自分が買ったことのないブランド、たとえばポルシェやアストンマーティンな.…

続きを読む...

フェラーリ初のプラグインハイブリッド「SF90ストラダーレ」がデザイン業界における最高賞を獲得

ほかにも2モデルがレッド・ドット賞を獲得した  1955年より続く、優れたデザインを表彰するレッド・ドット賞において、フェラーリSF90ストラダーレがプロダクト・デザイン賞においてベスト・オブ・ザ・ベスト賞を受賞した。ま...

続きを読む...

グループ化が鍵! ランボルギーニやロールス・ロイスなど少量販売の超高級自動車ブランドが成り立つワケ

かつて高級車は王道のみが生きられた時代だった  新車価格が2000万円や3000万円。そう聞いても、あまり驚かなくなった。そう思う人が増えているのではないだろうか。  もちろん、自分で買うというのではなく、あくまでも雑誌...

続きを読む...

軟弱者が乗ればクルマが泣く! レーシングドライバーが語る全開走行でこそ真価が発揮されるモデルとは

走行性能や安全性、実用性を兼ね備えたモデルは雲の上の存在に  トヨタのGR「スープラ」復活はスポーツカー好きにとって胸躍らせる出来事となった。だがこんなご時世、その性能を引き出すにはサーキットへ足を運ぶしかない。しかし多...

続きを読む...

プロでも手こずったのは過去の話? レーシングドライバーが選ぶ超乗りやすいスーパーカーとは

普段乗りが可能なほど実用性に優れたモデルも存在  お金持ちで運転スキルも高い。そんな恵まれた人は世のなかで極々少数だろう。  なんとかビジネスで成功し、スーパーカーを手に入れようと思った時、買ったクルマを乗りこなすことが.…

続きを読む...

新車時は手が出ないが中古なら半値以下! 庶民がスーパーカーに手を出すとどうなる?

値段につられて購入すると失敗する可能性大!  編集部のモテないカーマニア・ハラダから連絡が入った。 「厳密にスーパーカーと言わずとも、ポルシェやマセラティあたりを含めて、頑張れば手に入るすごいスポーツカーでオススメは何で.…

続きを読む...

あらゆる市販車を駆ったプロが厳選! 平成の市販ライバル車「ガチバトル」3選

WRCの規定が生んだ最高のライバル  去り行く平成時代を彩った「名バトル」を繰り広げた「平成を代表するライバル3選」を選んでみた。 1)三菱ランサーエボリューション vs スバル・インプレッサWRX  まずはランエボ v...

続きを読む...

オートモビル カウンシル2019に60〜70年代のイタリアンスポーツカー3台が展示決定!

今見ても美しい貴重な3台は見逃せない!  4月5日(金)〜7日(日)の3日間、千葉県・幕張メッセにて開催される、貴重なクラシックカーが展示されるイベント「オートモビル カウンシル2019」が開催される。イベント主催者展示...

続きを読む...

生産台数が極小の小メーカー「フェラーリ」が莫大な予算が必要なF1に参戦できるワケ

ライセンス収入が大きい上にフェラーリならではの特殊事情も!  フェラーリ社の売上の内訳を見ると、驚くべきことが判明する。確かにフェラーリは、自動車メーカーとしては非常に小さな企業だ。年間売上額は、4500億円に過ぎない。...

続きを読む...

【RMオークション】最高落札価格は約3億円のエンツォ・フェラーリ! そのほか気になる3台をピックアップ!!

全体的に落ち着いた価格で落札 RMサザビーズは9月5日に「ロンドンオークション」を開催した。今回は106台が出品されたが、その中でも気になるクルマを3台ピックアップ! そのうち2台は予想価格を下回る結果となった。これまで...

続きを読む...

1 / 512345

デイリーランキング