「タグ: 三菱」の記事一覧 - 4ページ目

三菱に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

三菱ファンの悲しみに比べればスバリストは幸せ! ランエボ10世代に渡るスバルとの闘いの歴史を振り返る

インプとランエボは古き良き時代を戦った「戦友」!  スバルでは「安心と愉しさ」を標榜しながら、運転の愉しさの象徴であるはずのMTやターボエンジン搭載車は減る一方。北米市場重視と思しきラインアップ展開が強まるばかりであるな...

続きを読む...

そういえばあった……なんて言うべからず! 1代限りで消えるも入魂作だった悲運の軽スペシャリティカー3台

軽でも実用車として使えた驚きのスペシャリティカーも存在  高い志をもって入魂開発され、話題性も十分。多くのクルマ好きや玄人筋から高く評価されるも、肝心の市場ではニーズに合わず低迷。志も虚しく1代限りで終了する悲運の名車は…

続きを読む...

三菱ミラージュがダイナミックシールドを採用! 安全装備も充実でサポカーSワイドに該当

内外装のスポーティさがグッと高まった  三菱自動車は、コンパクトカー「ミラージュ」のエクステリアデザインを変更。さらに、予防安全装備などを強化するなど大幅改良を施して発売した。メーカー希望小売価格(税込み)は、143万2...

続きを読む...

「燃費」「舗装路」「悪路」性能に「使い勝手」まで兼ね備えた選んで間違いなしのSUV4選

電気式4WDシステムやEVとHVの機能を持ち合わせたものも  今、世界的にブレークし、大人気なのがSUVやクロスオーバーSUV。しかし、SUVは大きく重く、燃費が悪い。悪路走破性に優れてはいるのだろうけど、オンロードでの...

続きを読む...

最強GT-Rに土をつけたモデルにWRC最強マシンも! レースで勝つために生まれた日産以外の国産車8選+1

トヨタはラリーを制するために耐久性や軽量化を極めた  市販車ベースのマシンで競い合うレースで勝つために、レギュレーションの範囲内でより有利に戦えるようモディファイされた市販車=ホモロゲーションモデルをピックアップする企画…

続きを読む...

【正当な評価をしてくれ!】クルマは最高でもライバルより売れない残念な現行車4選

車両の魅力はライバルに引けを取らないのに……  世の中には「内容を考えると、なんでこんなに売れているんだろう?」と感じるクルマがあるのと対照的に、「内容はいいのになんで売れていないんだろう」というクルマもある。そんな日本...

続きを読む...

新型eKスペース誕生! 三菱らしさ120%なSUV顔のeKクロス スペースにも注目

SUVテイストをプラスした新顔に注目!  三菱自動車は、スーパーハイト軽ワゴンの新型eKスペースならびに新型eKクロス スペースを発表した。メーカー希望小売価格(税込み)は、eKスペースが139万9200円(M/2WD)...

続きを読む...

三菱のSUVテイストを惜しみなく投入! 新型eKクロススペースに込めたデザイナーのこだわりとは【東京オートサロン2020】

初披露のeKスペースは女性を意識したカラーも採用  東京モーターショー2019において、ワールドプレミアされたスーパーハイト軽ワゴンコンセプト。デリカD:5、eKクロス譲りの迫力あるフロントマスクで注目を集めたショーモデ...

続きを読む...

【未来のハチロクとなるか!?】新車よりも値段が上がる可能性大の現行国産車4選

現行型で最期になりうるパワートレインも!  一時期は底値とも言える価格になりながら、漫画「頭文字D」の影響などもあって一気にプレミア価格の車両となったAE86。さすがに漫画によるブームは予見できなかったが、後継車種となっ...

続きを読む...

LED追加で利便性向上! 三菱エクリプス クロスが一部改良を実施

特別仕様車はルーフもブラックでトータルコーディネート  三菱自動車は、クロスオーバーSUV「エクリプス クロス」を一部改良して発売した。メーカー希望小売価格(税込み)は、258万6100円〜352万1100円。  今回の...

続きを読む...

新規パーツも付属! 青島文化教材社「ザ☆モデルカー」シリーズ最新作・三菱ランサーエボリューションXが登場

塗装済みパーツも用意し仕上がりは本格的に!  魅力的な車種ラインアップでファンを魅了する青島文化教材社。同社の人気プラモデルシリーズ「ザ☆モデルカー」の最新ラインアップに、今もなお人気の三菱ランサーエボリューションXが発...

続きを読む...

三菱自動車の世界戦略車ミラージュ&アトラージュがデザインを一新! あの特徴的なフロントマスクを採用

注目を集めた“デリカ顔”を採用して特徴的なスタイルに変身  三菱自動車は、グローバルコンパクトカーであるハッチバック「ミラージュ」とセダン「アトラージュ」のデザインを一新すると発表した。両モデルは、11月18日(月)から...

続きを読む...

次期eKスペースか!? 三菱は電動SUVのほかスーパーハイト軽のコンセプトを披露【東京モーターショー2019】

電動SUVはガスタービンエンジンにモーターを組み合わせる  三菱自動車は、10月25日(金)より一般公開される第46回東京モーターショー2019の出展概要を発表した。先日発表された小型電動SUVに加え、スーパーハイト軽の...

続きを読む...

メイン市場だった欧州でさえ電動化シフト! それでもマツダと三菱がディーゼルに力を入れる理由とは

ディーゼルでは欧州の厳しいCO2削減目標は達成できない  圧縮着火という特性から、素性として燃焼効率に優れたディーゼルエンジンは、CO2排出量の削減において有効なパワートレインと言われていた。しかし、NOx(窒素酸化物)...

続きを読む...

三菱RVRが一部改良! エクステリアの刷新で存在感大幅アップ&サポカーSワイドに該当

より迫力あるフロントマスクに変身!  三菱自動車は、コンパクトSUVのRVRを一部改良した。新デザインの内外装と、安全装備を充実させていている。メーカー希望小売価格(8%税込み)は、210万4920円〜250万8840円...

続きを読む...

デイリーランキング