「タグ: 中谷明彦」の記事一覧

中谷明彦に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

本名:
中谷明彦
愛称:
ヒコ
生年月日:
1957年11月3日

武蔵工業大学(現在の東京都市大学)の工学部出身の理論派のレーシングドライバーとして知られる中谷明彦氏。かつて交通タイムス社の社員として自動車専門誌のCARトップ編集部に所属していた。その後本格的にレース活動を開始。1988年には全日本F3チャンピオンを獲得する。その後国内最高峰のレース、全日本F3000へとステップアップし、1991年には優勝を経験。翌年から、ブラバムチームでのF1デビュー間近までこぎ着けるも外的要因により実現しなかった。ドライビングメカニズムを座学で学ぶ「中谷塾」主宰。2021-2022日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。

【試乗】300馬力&ACC標準化で快適! 新型ルノー・メガーヌR.S.は公道でも扱いやすさバツグンだった

エンジンパワーが向上し走る楽しさがさらにアップ  ルノー・メガーヌR.S.といえば、いつもその速さが注目され、サーキットでのアタックが多くリポートされている。今回は、パワーアップされ、より速さを増したメガーヌR.S.を、...

続きを読む...

ドラテクだけじゃ一流になれない! いまどきのレーシングドライバーに課せられた「凄まじい」仕事量

速く走らせるためには細かな情報共有が大事  モータースポーツシーンにおいて、レーシングマシンをセットアップしていくのは非常に重要だ。かつて所属した超一流レーシングチームの監督からは「レーサーはアンダーかオーバーかだけを報…

続きを読む...

【試乗】スタイリングだけじゃない! 新型ホンダ・ヴェゼルの熟成したHVシステムの走りに納得

クーペ的なスタイリングはカッコいいが少々ルーフが低く……  フルモデルチェンジを受けた新型ヴェゼルに試乗した。試乗車はホンダが進める電動化モデルの基幹技術となるe:HEV(イーエイチブイと読む)をパワートレインに搭載した...

続きを読む...

エンジン搭載「位置」だけじゃなく「向き」も重要だった! 「横置き」「縦置き」で何が変わるのかレーシングドライバーが解説

横置きFFは運動性能面でデメリットがある  FFやFRなど、クルマのパワートレインに関するレイアウトはさまざまな要求性能に応じて決定されている。現在一般的なのはFFレイアウトだ。フロントにエンジンを搭載し、前輪を駆動する...

続きを読む...

「ハイテク禁止」じゃ育たない! レーシングドライバーが語る「電子制御アリ」のレースの必要性とは

緻密な電子制御によって一般道での安全性は大きく高まる  自動運転化が盛んに議論されるようになった背景には、さまざまなセンシング機能の発達だけでなく、電動ステアリングやブレーキバイワイヤー、電制スロットルなどクルマを走らせ…

続きを読む...

ぶっつけ本番でも「セッティングの鬼」と化す! 中谷明彦が挑んだ久々の本気レース「ウラ話」その2

FFレーシングカーはリヤタイヤの効率的なウォームアップが肝  TCRジャパンシリーズ開幕戦・富士ラウンド2戦(サタデーレース、サンデーレース)の金曜日練習走行第2枠。第1枠で使用した新品タイヤをそのまま使用する。レースセ...

続きを読む...

中谷塾「秘伝のタレ」的セッティングを公開! 中谷明彦が挑んだ久々の本気レース「ウラ話」その1

デフォルトセッティングはかなりマージンを取った仕様  TCRジャパンシリーズ開幕戦・富士ラウンド2戦(サタデーレース、サンデーレース)に参加させていただいたなかで、木曜日の練習走行から日曜日の「サンデーレース」決勝までに...

続きを読む...

20年ぶりに本物のFFレーシングカーでTCRに参戦! 中谷明彦がみた「マシンの進化」とは

本格的なコクピットにはレース専用の装備を備える  TCR(ツーリングカーレース)ジャパンの開幕戦2ラウンド(富士スピードウェイ)にゲストドライバーとして参加させていただいた。TCRジャパンとはFIA(国際自動車連盟)がW...

続きを読む...

「自動運転車」でレースをするほうがよほど簡単! レーシングドライバーから見た公道での自動運転の難しさとは

自動運転はEVだけのものじゃない!  ホンダ・レジェンドが世界初となる「レベル3」の自動運転システムを搭載し型式認定を受け、市販化されたと話題になっている。レベル3は「一定の条件下で機械に運転を任せ、ドライバーはスマホを...

続きを読む...

駐車場から天気の洗礼! 中谷明彦が「スパ・フランコルシャン」で体験した「恐怖」と「歓喜」

マシンのメンテナンスは往年の名エンジニア!  世界各地でシリーズ戦が組まれ熱戦が展開されていた「ポルシェ・カレラカップ」。ヨーロッパを転戦する同シリーズは「ポルシェ・カレラ・スーパーカップ」としてプロ・チーム/プロ・ドラ…

続きを読む...

ポルシェファンの聖地ヴァイザッハ! 若き日の中谷明彦が体験した「日本の常識」が通じない世界とは

市販車からレーシングカーまで開発する研究施設  ヴァイザッハはドイツ・バーデンヴュルテンベルク州にある小さな村。そこにはポルシェの研究開発センターがあり、ポルシェ・フリークならその名を知らない人はいないのではないだろうか…

続きを読む...

土屋圭市&中谷明彦がガッツリ試乗! 「Modulo X」のミニバン2台を首都高で乗ったら驚きの評価に

ふたりの匠がリアルワールドで2台を評価  ホンダアクセスのコンプリートカーブランド「Modulo X」。今回フリードModulo XとステップワゴンModulo Xを首都高速でテスト。試乗するのはModulo開発アドバイ...

続きを読む...

レーシングドライバーが思わず「惜しい」! 最新車4台の「デキが良い」からこそ「気になる」ポイント

燃費や安全性への配慮が気になるモデルも!  前回、「備忘録その1」としてMAZDA3のAWDシステムの特徴について記した。今回はそれに続く第二弾としてリポートしておきたい。 1)マツダMAZDA3 SKYACTIV-Xの...

続きを読む...

四駆使いのレーシングドライバーも衝撃! MAZDA3の明かされていなかった「AWD先進制御」の中身

MAZDA3最新の改良で気になったのはエンジンではなく……  新型車の試乗は、基本的に自動車メーカーが主催する試乗会や広報車を借り出して行う。だから、なるべく試乗車の良い部分を多く見出だしリポートするよう心がけている。読...

続きを読む...

いま新車を買うなら「本当に」付けるべき「安全装備」をレーシングドライバーが指摘!

快適かつ確実なドライブのために必要な装備ばかり  クルマの装備は多種多用だ。オプション装備をすべて含めれば車両価格が倍になるような車種もあるほど。こうした装備、実際に使わずにカタログだけを見て選択するというのはじつに難し…

続きを読む...

デイリーランキング