「タグ: 劣化」の記事一覧

劣化に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

古いクルマで出る「パワーウインドウ」の動きが渋くなる現象! D.I.Yでも可能な対処法とは

アームの可動部分やレールなどを潤滑させると良い  パワーウインドウは便利な機能ではあるけれど、使っていると次第に動きが渋くなってくることがある。その昔はガチャンという音ともにドアのなかに落ちてしまうこともあったが、さすが…

続きを読む...

タイヤだけ変えてもダメ! 見落としがちな「エアバルブ」交換とその役目

タイヤ交換と同時に交換するのがベスト!  タイヤも消耗品だけに、溝がなくなってきたり、表面にヒビや亀裂が出てきたときなど、定期的な交換が必要だ。交換時はタイヤを新品にするだけでなく、バランスを取るなど、付属的な作業もいろ…

続きを読む...

ある意味「夏タイヤ」より寿命は短い! 残溝以外にもある「スタッドレス」の交換タイミングとは

溝が2分の1になったら雪道走行はNG!  降雪地域のドライバーは、とっくに愛車の足もとをスタッドレスタイヤに交換済みだと思う。一方で、あまり雪の積もらない地域のドライバーは、雪が積もるという天気予報を見て、慌ててチェーン...

続きを読む...

ドアノブやミラーにバンパー! 年数が経つと「樹脂部分」だけ変色していくワケ

クルマのボディ色の劣化は気にする人が多い  日本人はとくにこだわる、クルマのボディの色。好きな色とは別で、補修した際にパネルによって色が違ったりすることなどを気にするとされている。補修の場合はどうしても異なってしまうこと…

続きを読む...

中古車販売店に直撃! 10万キロ超えハイブリッド車の「バッテリートラブル」はある?

ハイブリッドバッテリーはEVに比べて負担が少ない  1997年に量産車初のハイブリッドカーとしてトヨタの初代プリウスが発売されてから早20年以上。当時は特別感のあったハイブリッドカーも、いまでは軽自動車からミニバン、SU...

続きを読む...

補修が高い! 色褪せしやすい! リセールが安い! ボディカラーのあれこれ8選

やはり紫外線は人の肌同様に塗装にも悪影響がある  ボディカラーというのは、クルマやそのオーナーの個性を表現する重要なポイントだ。もちろん自由に好みで選べばいいのだが、美しさを長持ちさせるには、色によって特性というか気をつ…

続きを読む...

あまり乗らなくても交換って必要? クルマのオイル類は「自然に劣化」するのか

空気に触れると劣化するものも!  クルマにはいろいろなところに油脂類が使われているのはご存じのとおり。エンジンオイルやミッションオイル、ブレーキフルード。オイルではないが、冷却水というのも液類という点では、同じような扱い…

続きを読む...

ハイブリッド車ならではの気になる劣化も! 新車からCR-Zに10年乗って感じた「10個」の気になるところ

優秀なクルマだが月日が経つにつれて気になる劣化  世界初の量産ハイブリッドスポーツカーとして2010年に誕生した、ホンダCR-Zが我が家にやってきてから、2020年5月でちょうど10年になりました。1.5リッター直4エン...

続きを読む...

ある日気がつく「愛車ボロくない?」 じわじわ劣化が進むポイントと蘇らせる手段

愛車をよく確認すると思ったよりヤレていることも  毎日乗っているとあまり気にならないが、クルマは乗れば乗るほど消耗してしまうもの。ある日、じっくりチェックしてみると、意外とヤレていることに気づかされるものだ。さすがに新車…

続きを読む...

溝の有無だけではダメ! あまり乗らないクルマのタイヤ交換のタイミングとは

溝が減っていなければまだ使えそうにも見えるが……  いくらクルマが進化しようが、機械である以上、消耗品がなくなることはないだろう。日ごろのメンテナンスが大切ということになるのだが、なかでもタイヤはたった4本でクルマを支え...

続きを読む...

即点検のアラートも! クルマの「無視してもいい異音」と「ダメな異音」

エンジンルームから聞こえる異音は修理が必要なことが多い  大事に乗っていた愛車であっても、ある程度の年数や距離を重ねてしまうと、各部に摩耗や不具合が出てきてそれまで聞こえなかった異音に気付くことがある。  異音は通常発す.…

続きを読む...

【クルマ好きがよくやるボディを押して判断は間違い!】サスペンションのヘタリと交換時期の見極め方

劣化の判断はかなり難しい!  サスペンションというのは確実に劣化していく。構成部品はさまざまで、複雑に組み合わさっているが、消耗する部分としてはスプリングやゴムのブッシュ、そして一番問題になるのはショックアブソーバーだ。…

続きを読む...

【洗車やワックスがけを小まめにやっても効果なし! 】次第にクルマのボディが退色する理由と対策

一番劣化しやすい色は赤!  新車のときはピカピカでも、次第にくすんでくるというか、シャッキリしなくなり薄ぼんやりしてくるボディカラー。これは避けようがなく仕方がないものとは思うのだが、ボディの退色はなぜ起こるのだろうか。…

続きを読む...

【過走行も放置もコンディションを落とす】クルマの状態をベストに保つために1カ月で走るべき適正な距離とは

定期的に乗っているクルマのほうが調子は良い  クルマは乗らないと新車のままで、極上を保てるかというと必ずしもそうでない。オイルもガソリンも抜いて、錆び止めの処理をしつつ、タイヤは外して、エアコンで管理された密閉空間に置い…

続きを読む...

【ケチった結果が大惨事に!】クルマの消耗品を交換しないと何が起こるか「10のポイント」別に解説

クルマが動かなくなってしまうこともある  最近のクルマはメンテナンスフリー化がどんどん進んでいる。にも関わらず、今でも残っているメンテポイントというのは、逆に言えばなくすことができないほど重要ということでもある。そうした…

続きを読む...

1 / 212

デイリーランキング