「タグ: 売れない」の記事一覧 - 3ページ目

売れないに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

ビッグネームでもダメ! クルマはいいのにデザインで売れない残念な現行車5選

走りと機能を追究したのに見た目で勝るライバルに負けたモデルも  1950年代まで遡ると、デザインが奇抜で販売不振に陥った車種は数多く存在する。初代日産ブルーバードとの戦いに敗れた丸みのある初代トヨタコロナ(1957年)、...

続きを読む...

クルマの開発現場でも「忖度」! 売れないクルマが発売される事情とは

開発に着手する時点で強く反対する人が居なかった  自動車という商品は膨大な開発コストが掛かる。新型車を出すとなれば、最低でも数百億円の投資をしなければならない。当然ながら企業にとって大きな勝負といってよかろう。しかし発表…

続きを読む...

人気カテゴリー国産SUVの6車種「勝ち組」「負け組」とその理由

大人気SUVといっても月販100台を切る車種も存在する  最近はSUVの売れ行きが好調だ。ボディの上側はワゴンや5ドアハッチバックの天井を高くしたような形状だから、4名が快適に乗車できて荷物も積みやすい。下側は大径のタイ...

続きを読む...

普通の国産実用車なのに目立ちまくり! 販売不振だからこそ個性を主張できるクルマ3選

隠れキャラ的な存在だけに近所とカブらないこと間違いなし!  どうしても他人と同じは許せない、個性を主張したいと思っている人も多いだろう。それはクルマにも言えることで、それを突き詰めていくとマイナーな旧車だったり、日本では…

続きを読む...

北米でヒットするスカイラインやレガシィが日本で売れない理由とは

決してアメリカ人好みのクルマを作っているわけではない  日本でスバルといえば、インプレッサやレヴォーグの名前を思い起こす人が多い。90年代から2000年代には一世を風靡したレガシィの姿を、街で見かけることは少なくなった。...

続きを読む...

10年以上も放置するのはなぜ? モデルチェンジしてもらえないクルマ4選とその理由

海外向けの開発を優先したことから国内専売車が取り残された  昔の日本車は、4年ごとにフルモデルチェンジを行い、その2年後にはマイナーチェンジも実施した。つまり2年に一度は変更が行われ、新鮮味を保っていた。  このモデルチ...

続きを読む...

マイナーチェンジも不発! テコ入れしても売れない国産現行車5選

売れ筋ジャンルにもかかわらず売れないモデルも  発売されても売れ行きがいまひとつ伸びず、マイナーチェンジを行っても改善されない車種が少なからず見られる。それは大きく分けて、以下のような3つのパターンに分けられる(複数のパ.…

続きを読む...

月販100台前後の超低迷車も! ハイブリッドなのに売れない残念なクルマ4選

ジャンルによってはハイブリッドがプラス要素にならないことも  読者諸兄がクルマを選ぶときは、どのようなプロセスを辿るだろうか。好きなクルマを真っ先に、あるいは2〜3車種の候補を挙げて絞り込むか、使用目的と予算に応じて冷静...

続きを読む...

販売ランキング下位なのがおかしいほど魅力あふれる現行車5選

クルマを操るという楽しさを存分に味わうことができる  21世紀になって大きく変わったのがクルマ選びの基準だ。ファミリーカーは、セダンではなく使い勝手のいいミニバンやクロスオーバーSUVに取って代わられている。また、スポー...

続きを読む...

コンセプト変更で失敗! モデルチェンジで売れなくなった国産車3選 

大胆な変更で「らしさ」が失われファン離れに…… 「最新のモデルが最良のモデル」とは新型モデルが登場したときによく聞かれるフレーズだ。当然、自動車の技術は日進月歩であり、安全性能や燃費性能などは最新モデルが優れていることは...

続きを読む...

基本は同じクルマも販売台数で大きな差! 明暗わかれた悲運の兄弟車3選

政府も関係した肝いりのモデルでもダメだった……  自動車のなかには兄弟車(もしくは姉妹車)と呼ばれるものが存在する。これは基本コンポーネントを共有しながら、別車種として販売されているものを指すのだが、中には兄弟車にも関わ...

続きを読む...

3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ  今日のクルマの売れ方を見ると、優れた商品でも人気のジャンルに属さないと売れ行きを伸ばすのは難しい。そのためにクーペやセダンには、販売ランキングの上位に入る車種が見当た...

続きを読む...

【月販数十台のクルマも】売れない車種を販売し続ける理由とは?

他メーカーへの流出を避けたり海外での販売促進など理由は多い  日系ブランドでは、軽自動車も含めると兄弟車やOEMモデルの数え方で変わってくるものの、200車種近くが日本国内でラインアップされているとも聞く。  販売トップ...

続きを読む...

デイリーランキング