「タグ: 安全装備」の記事一覧

安全装備に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

昭和には誰もが引っ張ったことのある「小さな棒」! クルマの「ドアロックピン」がほぼ消滅したワケ

この記事をまとめると ■昔のクルマにはよくついていたドアロックピン採用車が今激減している ■安全や利便性、防犯のためにドアハンドル内に移動したという意見が多い ■昔はドアロックピンのドレスアップなども流行っていた ドアロ...

続きを読む...

まさかの修理代に驚愕! 安全性の高いイマドキのクルマの修理代高騰の事例4つ

この記事をまとめると ■クルマへの安全装備の積極採用は日々進んでいる ■いいことではあるが、修理の際に高くつくという難点も ■交換や修理が高額になる例を4つ挙げて紹介する 安全性の向上はありがたい限りだが修理の時は高い!...

続きを読む...

10年前は自動車メーカーが「0.1km/L」の違いを猛烈にアピール! 注目は薄れたけど今「最高燃費」を誇るクルマとは

この記事をまとめると ■10年ほど前、日本は燃費競争が激しかった ■最近では燃費よりも安全装備などに関する関心の方が高い ■一部のクルマを除いて、どのクルマも大体同じような燃費を出せるようになっている 最近は燃費を気にし...

続きを読む...

「発煙筒」ではなく「発炎筒」が正式! 有効期限切れは車検でNGな「赤い筒」の中身

この記事をまとめると ■助手席の足もとによくある”赤い筒”の正体と解説 ■発炎筒については保安基準が定められているほか、有効期限もある ■1度燃やすともう使えないが、最近では電池式のモノも存在する 事故や故障時に頼りにな...

続きを読む...

ユーザーの「目利き」が試される! 「自動ブレーキ」「ACC」などの最新装備は車種によって大きな差

この記事をまとめると ■2021年11月から義務化された衝突軽減ブレーキなどは車種やメーカー毎に違いがある ■義務化はされたが、操作方法等が統一されていないことが問題視されている ■購入前に「使い方」や「作動条件」などを...

続きを読む...

自動ブレーキの新車装着が2021年11月に義務化! 販売済みの「未装着車」への対応はどうなる?

この記事をまとめると ■2021年11月以降に発売される新車には衝突被害軽減ブレーキの装着が義務化される ■衝突被害軽減ブレーキの事故減少や被害軽減への効果は明らか ■義務化以前に販売された非装着車は法の不遡及という原則...

続きを読む...

「生物兵器対策装置」に衝撃の「衝突被害軽減」策! 最先端車の驚き先進装備4つ

衝突による安全性を考えたうえで最先端の機能を備えた  現在、クルマの安全装備は飛躍的進化を遂げている。横滑り防止装置、衝突軽減ブレーキはもちろん、各部エアバッグなど、それは多岐にわたる。ここでは、そのなかでも、最先端と言…

続きを読む...

命を守る安全装備なのにナゼ? 後席の「エアバッグ」が普及しないワケ

確実に作動させるためには条件が厳しい  衝突安全機能として、エアバッグは70年代に米国で実用化が図られた。当初はモニター調査用やオプション装備としての扱いであった。背景にあったのは、シートベルトの着用が面倒であったり、快...

続きを読む...

この時代に安全装備がイマイチ! 初心者や高齢者が「選んじゃアカン」クルマ&グレード5選

エントリーグレードを安価にするために安全装備レスも存在する  ここ何年かで急速に進化し、装着車が激増、というか、ほぼ全車に装着が完了している、自動ブレーキとも呼ばれるAEB=衝突被害軽減ブレーキだ。ご存じのように、ついに...

続きを読む...

三菱eKクロス&eKクロス スペースに安全装備を充実させた特別仕様車「G Plus Edition」を設定し発売

装備充実で安全性や快適性がアップ!  三菱自動車は、軽ハイトワゴン「eKクロス」と軽スーパーハイトワゴン「eKクロス スペース」に、安全装備を充実させた特別仕様車「G Plus Edition」を設定し発売した。メーカー...

続きを読む...

最新の安全装備付きのクルマでも事故は起こる! ユーザーが肝に銘じておくべき正しい知識とは

完全に衝突回避できるシステムではないことが知られていない  ブレーキとアクセルの踏み間違いによる悲惨な事故が未だに後を立たない。以前は運転アシスト機能付きの最新モデルが普及することでこのような事故の発生は減少していくと期…

続きを読む...

新型レクサスLS発売! 洗練された内外装と進化した運動性能でフラッグシップらしさを徹底追及

内外装に磨きをかけて静粛性と乗り心地も追求  レクサスは、フラッグシップセダンであるLSの改良モデルを発表。11月19日より発売を開始した。なお、後述する最先端の高度運転支援技術「アドバンスド・ドライブ」搭載モデルは、2...

続きを読む...

クルマの進化で街の「整備工場」が悲鳴! 4月に変更された「特定整備」の中身とは

昔ながらの小さな整備工場が苦労する可能性  ディーラー、街の整備工場、用品店のピットなど、クルマの整備士という“プロフェッショナル”がいるところとしてお馴染みなのが認証工場だ。認証工場であれば、難易度や危険度が高い「分解...

続きを読む...

新型トヨタ・ハリアーのメカニズムを解説! 数値よりも人の心を優雅に満たすための技術群を搭載

SUVの先駆者らしい先進的な技術を満載する  高級クロスオーバーSUVのパイオニアとして登場したハリアーは、モデルチェンジを重ねるごとに独自のアイデンティティを獲得し、海外モデルにライバル車が多いミドルクラスSUVのなか...

続きを読む...

新型スバル・レヴォーグが正式発表! 新世代アイサイトを全車標準化し310万2000円から

約9割がアイサイトX搭載グレードを選択!  スバルは、先進安全技術とスポーティな走りを高次元で融合させた新型「レヴォーグ」の市販モデルを発表した。発表会の場は、なんと日本航空(JAL)の整備場。スバルにとってJALは、ド...

続きを読む...

デイリーランキング