「タグ: 海外」の記事一覧

海外に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

上級国民のせいで酷い渋滞が緩和されない? バンコクの新駅建設にみる「格差社会」のひずみ

この記事をまとめると ■タイのバンコクで主要駅が移設される ■バンコクの慢性的な渋滞を解消するために行政は鉄道整備を進めている ■だが上級国民の感覚で都市整備をするために渋滞が解消されない側面があるという バンコクの幹線...

続きを読む...

続々と「海外流出」する往年の「国産スポーツカー名車」たち! ニッポンの宝は海外で幸せな人生を送れているのか?

この記事をまとめると ■2010年代から海外で日本のスポーツカーがブームとなっている ■海外には比較的、旧車を維持しやすい条件が揃う地域も存在 ■海外に渡った後の国産車の状況を解説する カリフォルニアでは各世代のZが元気...

続きを読む...

「なんで2年も遅れる?」ファンは涙! 日本メーカーの新型車が海外発売に遅れて日本に導入する理由

この記事をまとめると ■最近海外で先に発表・発売される日本車が増えている ■今後このパターンは増えると考えられる ■その理由や具体車種について解説する レガシィアウトバックはアメリカ導入に遅れること約2年 「うぁ、このウ...

続きを読む...

アメリカでも販売台数は下落! それでもフェアレディZを続ける重要すぎる意義

この記事をまとめると ■アメリカで新型「Z」が発表された ■日本ではけっして販売台数は多くないが、世界的に見るとどうか ■アメリカでの具体的な販売台数を挙げて解説する 2020年のアメリカ国内販売総数は前年比33.2%減...

続きを読む...

トコロ変わればイメージも激変! 日本じゃ「陰キャ」気味でも海外でバカウケしているクルマとは

この記事をまとめると ■国内では目立たない日本車が海外では売れていることがある ■日本ではスポーティなモデルが海外では老若男女の定番車種などイメージが異なることも ■アメリカ、インド、インドネシアで人気の車種の具体例を挙...

続きを読む...

日本の便利さが特殊だった! ハッキリ言って「使いづらかった」欧米のカーナビ事情

この記事をまとめると ■筆者はかつてアメリカ在住で海外事情に精通したジャーナリスト ■日本のカーナビと欧米のカーナビの大きく異なる事情を伝えている ■最近はスマートフォンの普及により差が小さくなっている もともと図ではな...

続きを読む...

日本は「N-BOX」がバカ売れ! 巨大市場の「北米」「中国」「欧州」「インド」で売れてるクルマとは

いま日産ローグが中国で売れている  日本市場はグローバルのなかで特殊だ。なにせ、市場全体の約4割を軽自動車が占め、そのなかで販売台数トップのホンダN-BOXが乗用車全体でもトップを快走しているのだから。  また乗用車では...

続きを読む...

アメリカはオートが不要! インドネシアはヒーターなし! 日本と海外のカーエアコン事情

この記事をまとめると ■日本は軽自動車でもオートエアコン装着率が高い ■アメリカでは微調整をしない人が多いためにマニュアルエアコンもいまだに多い ■東南アジアはヒーターが必要ないためエアコンではなくクーラーだけという車種...

続きを読む...

その発想、日本にはなかった! 海外のビックリ道路標識3つ

この記事をまとめると ■世界には日本で考えられないような交通ルールがあり、それを示す標識もある ■発展途上の国では動物が道路を渡ることも多くそれを注意を喚起する標識が存在する ■日本では赤信号は必ず止まらねばならないが、...

続きを読む...

差は「単位」にあった! クルマの10万kmが日本では「買い替えの目安」アメリカでは「まだ低走行」の理由

3回目の車検の前に買い替えの話が挙がることが多い  ディーラーで新車を買って3回目の車検を前に、「〇〇様、距離もけっこう走っていらっしゃいますし、そこそろ買い替え時かと?」といったセールストークが聞こえてくる。  日本の...

続きを読む...

軽自動車は日本のガラパゴス車じゃなかった! 海外からの熱視線に応え排気量「チョイ足し」で売られるKカーたち

多くが日本専用モデルとなっている軽自動車  軽自動車は、日本でしか新車として買えない・乗れない、いわゆるガラパゴス車。そういうイメージを持っているユーザーが大半だと思う。  軽自動車は戦後、庶民がクルマを持てるように国が.…

続きを読む...

気楽に見学できる「クラシックカーショー」的な雰囲気! 億単位の稀少車が売買される「海外オークション」の世界

日本のオークションに参加できるのは業者のみ  オークションで、「あの名車が1億円で落札」、そんなニュースをテレビやネットで見ることがある。  こうした海外でのオークションは、日本とはちょっと違う印象がある。  日本の場合...

続きを読む...

高すぎる日本の車検! ハッキリいって「緩い」海外の車検事情

じつは多くの国で車検制度自体は存在している  よく耳にするのが、海外には日本のような車検がないということ。「アメリカなんかないよ」という言葉を聞くとなんとなく納得するし、日本の車検は厳しくて、世界でもガラパゴス化している…

続きを読む...

合理性がすべて! 自分で運転すると「衝撃を受ける」海外の交通ルール

国民性が表れているものも!  出張や駐在、観光などで、海外でクルマを運転したことがある方はけっこういるのではないだろうか。右ハンドルと左ハンドル、それに伴う右側通行と左側通行の違いにはとまどうが、まだこれは想定内。初めて…

続きを読む...

ザ・日本車の「クラウン」! 中国・アメリカ・ロシアに中東など海の向こうで「驚きの人気っぷり」だった

中国ではいまだに特別なクルマとして認識されている  2021年4月、上海モーターショー会場にて、一汽トヨタ クラウン クルーガーと、一汽トヨタ クラウン ヴェルファイアがデビューし、話題となった。クラウン クルーガーは広...

続きを読む...

デイリーランキング