「タグ: 理由」の記事一覧

理由に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

真っ先に普及すべきなのにほぼ「見かけない」! 商用車EVに立ちはだかる「壁」とは

商用車は効率よく走れなければ本来の役目を果たせない  商用車にEV(電気自動車)が現われない理由は、生産財だからである。同じクルマでも、乗用車は消費財だ。つまり、それで金銭的利益を生まなくても、便利であったり、快適であっ...

続きを読む...

日本を「向いている」ことが強みのひとつ! コロナ禍でもトヨタだけが業績好調なワケ

トヨタで働くひとたちが強くなったことが危機的状況で有利に  いわゆるコロナ危機は経済を直撃している。しかし、日本トップの自動車メーカーであるトヨタは前年比では落ち込んでいるものの、コロナ禍というイメージに反して着実に回復…

続きを読む...

買ったのに乗れない! いま話題の新型車の「納期遅延」が常態化しているワケ

正式発表前のプレ受注が納期遅延の要因に!?  最近発売される新型車では、ほぼ常態化しているのが“納期遅延”。「目標販売台数の約4倍」などというニュースを目にしたひとも多いはず。たとえば、トヨタ・ライズでは2019年11月...

続きを読む...

海外はスポーツカーに大型SUVまで「EV」化! 日本の「電気自動車」は「街乗り用」という認識は間違い?

欧州ではコンパクトから高級SUVまでBEV化が進む  クルマの電動化が進んでいる。とくに2020年に一段と厳しいCO2排出量規制が実施される欧州市場では、その対応が喫緊の課題となっていて、ゼロエミッションビークル(ZEV...

続きを読む...

いまや実用車でも「18インチ」は当たり前! それでも16インチの3〜4倍と「大径タイヤ」が安くならないワケ

18インチはかつてはスーパーカーの代名詞ともいえるサイズ  国産車が18インチ以上のタイヤサイズを純正採用するようになって、すでに久しい。18インチタイヤといえば、かつては憧れの大径ホイールとして羨望の眼差しを集めたサイ...

続きを読む...

なんと「18速」のMTもあるけどどうやってギヤを変える? 大型トラックはなぜ超多段ギヤが必要なのか

重くなった車両をスムースに加速させるために必要  トラックの車両総重量は、当然のことながら乗用車の比ではない。ドライバーの人手不足もあって、規制緩和によって一度に積める量は増える傾向に。現在なんと車両総重量は36トンまで...

続きを読む...

発売1カ月で目標の「4.5倍」も売れた! ダイハツ・タフトが激戦の軽SUV市場で大ヒットのワケ

ハスラーに燃費や機能が負けていても売れている  今は国内で新車として売られるクルマの37%前後が軽自動車だから、ニューモデルの投入も活発だ。ダイハツは2020年6月10日にタフトを発売して、1カ月後の受注台数が1万800...

続きを読む...

マイナーブランドの快挙! シトロエン・ベルランゴが日本で大ヒットしている理由

日本では同ジャンルのルノー カングーが大人気となっている  昨年秋に台数限定で日本市場に先行導入されたシトロエンのマルチパーパスカー、ベルランゴ。オンライン予約がスタートした当日にすべての枠が埋まるという人気っぷりで、正.…

続きを読む...

【ただの定番小型SUVじゃない?】ダイハツ・ロッキー&トヨタ・ライズが想定外の人気を集める影で突いた意外な盲点とは

現在のトヨタ・ライズの納期は約3カ月という人気ぶり  ダイハツ・ラッシュ&トヨタ・ビーゴの事実上の後継車と言っていいのが、ダイハツ・ロッキー&トヨタ・ライズ。ダイハツが企画、開発、製造している5ナンバーサ...

続きを読む...

【輸入車でみると圧倒的シェア!】日本でドイツ車が大人気の理由とは

日本を走る輸入車の3台に2台以上はドイツ車!  いま日本における輸入車市場は年間30万台規模となっています。具体的にJAIA(日本自動車輸入組合)の発表しているデータを記せば、2019年1月~11月までの輸入車総計は31...

続きを読む...

デメリットも多数聞くがなぜ? 日本車ばかりがCVTを採用する理由とは

本体はコンパクトで制約の多い軽自動車などに向いている  CVTを搭載したクルマは、軽自動車やコンパクトカーを中心にたくさんある。理由はオートマチックトランスミッション(AT)のサイズで、多段化するとギヤの数が増えるので本...

続きを読む...

安全で速くて壊れにくくて快適! でも昔のクルマのほうが良かったと言われるワケ

車重と価格は確実に重く高くなった 「最新のポルシェが最良のポルシェ」というフレーズがあるが、ポルシェだろうが、日産だろうが、ダイハツだろうが、新しいクルマが一番いいと素直にいえる時代は、ずいぶん前に去ってしまったような気…

続きを読む...

人気車が激安! マイナー車が高額? 知っておくべき中古車買い取り査定のツボ6つ

いくら人気でも市場に溢れていると査定額が下がることも  クルマを処分する際に「新車が売れている人気車だから高い査定を期待していたのにそうでもなかった」、「不人気車かと思ったのに、意外と高く査定してくれた」という正反対な結…

続きを読む...

6月の販売台数はSUVトップ! 新型トヨタRAV4はなぜ売れるのか?

本格SUVへ生まれ変わったことも人気の要因に  新型RAV4が売れている。発売直後の2019年6月の販売台数はいきなり7822台、全乗用車販売台数ランキングで11位につけているほど。これはランキングのなかで、SUVのトッ...

続きを読む...

再上陸の可能性は? 世界的な巨大メーカー「フォード」が日本を去った本当の理由

無駄な投資を徹底的に切るための決断  フォードが日本から撤退した理由は単純だ。日本への投資が、無駄だからだ。無駄とは端的に、投資に対する利益が少ないことを意味する。なにせ、日本でアメ車は超マイナーな存在。米トランプ大統領…

続きを読む...

1 / 212

デイリーランキング