「タグ: BRZ」の記事一覧

BRZに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

単なる「いちスポーツカー」の枠を越えた「86&BRZ」の偉大すぎる功績とは

クルマ好きが求めるクルマを作り上げたことで受け入れられた  スポーツカーは人気がなくなったから、もう売れない(もう作らない)。2010年代に入り、いわゆるスポーツカーと呼ばれるモデルが次々と姿を消していった。  おもな理...

続きを読む...

日本でも「主要車種」なのに海外で発表! 国産メーカーは日本市場を軽視しているのか?

日本専用車は少なくなっている  自動車メーカーが、世界戦略車という言いまわしをするようになって久しい。別の言い方をすれば、日本専用車が少なくなった、ということだ。  80年代頃まで、日本車の多くは日本市場向けに開発され、...

続きを読む...

新型スバルBRZ北米仕様を公開! 水平対向エンジンは2.4Lに排気量アップし運動性能を向上

AT車は待望のアイサイトを初採用し安全性能も向上!  スバルは、人気FR2ドアスポーツクーペ「BRZ」の2代目モデル(北米仕様)を発表した。北米での発売は、2021年秋を予定しているという。現在公表されているグレードは、...

続きを読む...

スポーツモデルが消える! WRX・BRZ・レヴォーグが空白になるスバルの戦略の謎

今夏には一時的にスポーツモデルが1車種になってしまう  2019年の年末にWRX STIの販売が終了。2ペダル版のWRX S4は「GT/GT-S」系のグレードが終了し、今買えるのはSTIスポーツのみとなった。レヴォーグや...

続きを読む...

悲しいがまもなく「絶版」の可能性あり! 買うなら「今のうち」の国産車6選

同メーカー内でキャラがバッティングしているクルマは難しい!  最近ホンダのグレイスとシビックセダン、ジェイドが近々生産終了となることが明らかになった。日本車のラインアップを見ると販売台数や登場時期などから「そろそろなくな…

続きを読む...

早くも次期型レヴォーグのSTI Sportを披露! スバルとSTIが東京オートサロン2020に出展

BRZやWRX S4のカスタムコンセプトも登場!  スバルは、同社のモータースポーツ活動を担当するスバルテクニカインターナショナルと共同で、2020年1月10日(金)〜12日(日)の3日間、千葉県・幕張メッセで開催される...

続きを読む...

86&BRZは7年! GT-Rは12年! 毎年改良し続ける国産スポーツカーを中古で買うならどの年式が正解?

最新型が最良なのはわかっているが……  スポーツカー受難の今の時代において、コツコツと進化を続けながら販売が続けられているトヨタ86/スバルBRZと日産GT-R。デビューから86/BRZで7年、GT-Rに至っては間もなく...

続きを読む...

ドライブを臨場感たっぷりの「音」で盛り上げる! ニッポンレンタカーがソニックプラスを搭載したスバル車を貸し出し

2019年10月14日までの期間限定!  ソニックデザインは、ニッポンレンタカー北海道と提携し、車種別スピーカーパッケージ「SonicPLUS(ソニックプラス)」を搭載したスバル車をレンタルできる期間限定企画を実施してい...

続きを読む...

オトナの雰囲気満点のボディカラーが追加! スバルがBRZを改良

従来のダークグレーに変わりマグネタイトグレーを追加!  スバルは2019年4月9日、2ドアクーペ「SUBARU BRZ」の改良モデルを発売した。今回はボディカラーに新色のマグネタイトグレー・メタリックを採用し、これまでに...

続きを読む...

スポーツモデル=MTの時代は終わった! あえてATを勧めたいクルマとそれでもMTで乗るべきクルマ

現代はATの完成度も高くなっている  ひと昔前は「スポーツカー、スポーツ系のクルマはMTで乗るもので、ATで乗るのは邪道だ」などと言われたものである。では、このことは現代でも同じなのかを考えると「クルマにもよるけどMTで...

続きを読む...

それでも新車を選ぶ? 中古で買うとお買い得っぷりがハンパない現行国産車4選

ファミリー御用達の大型ミニバンだって中古ならお得!  中古車の魅力といえば、やはり一番はその価格だろう。どうしても新車でないとダメという人でなければ、最初のオーナーがたった数千キロ走らせただけの車両であっても新車よりもか…

続きを読む...

ブリヂストンのハイグリップタイヤ「POTENZA RE-07D」がマイナーチェンジ

ドライ&ウエット性能をさらに高めた  ブリヂストンは、サーキットでのラップタイムを重視したハイグリプタイヤ「POTENZA RE-07D」をマイナーチェンジして発売した。205/55R16 91Vの1サイズのみとなってお...

続きを読む...

ターボやハイブリッドは食傷気味! いまや貴重な小排気量NAをブン回せる国産スポーツモデル3選

2リッター以下のほどよいパワーを使い切れるモデル  輸入車を含め、現在日本で買えるクルマのエンジンを改めて見ると、ターボやスーパーチャージャーといった過給機を持たないNA(自然吸気)エンジンがメッキリ減ったことに驚く。 ...

続きを読む...

世はターボ&ハイブリッドだらけ! いまこそ乗りたい秀逸なNAエンジンとその搭載車3選

小排気量&ローパワーでも楽しさは格別  スポーツカー市場の減少や、排出ガスの問題もあり、高回転をブン回して出力を得るようなNAエンジンは減少し、残ったスポーツモデルもホンダ・シビックタイプRにせよ、スズキ・スイフトスポー...

続きを読む...

フォレスターとインプレッサのSTIコンセプトは必見! 走る楽しさを前面に押し出したスバル/STIブース【東京オートサロン2019】

走りのSTIがSUVやエントリーモデルをも変身させる!  スバル/STIブースのテーマは「オール・フォー・ドライブ・エキサイトメント」。スバル車に乗ったときの高揚感や走る楽しさを伝えたいという思いから作り上げられたブース...

続きを読む...

1 / 3123

デイリーランキング