スポーツモデルが消える! WRX・BRZ・レヴォーグが空白になるスバルの戦略の謎 (1/2ページ)

スポーツモデルが消える! WRX・BRZ・レヴォーグが空白になるスバルの戦略の謎

今夏には一時的にスポーツモデルが1車種になってしまう

 2019年の年末にWRX STIの販売が終了。2ペダル版のWRX S4は「GT/GT-S」系のグレードが終了し、今買えるのはSTIスポーツのみとなった。レヴォーグやレガシィB4も注文の受け付けを終了し(6/22現在、一部の在庫車はまだ買える)、BRZも7月20日をもって終了とアナウンスされている。

 この夏には、SUBARUのラインアップからWRX S4 STIスポーツ以外のスポーツモデルがなくなってしまうことに。しかし、それは一時的な状況であり、もちろんSUBARUはスポーツモデルをやめてしまうわけではない。

スバルのスポーツカーの今後

 まず、レヴォーグはすでにモーターショーなどで新型の外観や概要が公開されており、新型の発売は2020年の後半と告げられている。いずれ正式に発表されるので、心配御無用。

スバルのスポーツカーの今後

 WRXについても、燃費規制への対応など、ハイパワーAWDモデルを継続させるのは厳しいご時世ではあるが、ラリーやレースにも参戦するSUBARU AWDの走りの良さを象徴するモデルであり、北米市場でも人気。国内でも2ペダル版を合わせれば、まだまだ一定数の販売台数が期待でき、WRXベースのSTIコンプリートカーは高額でも即売するブランドに育っているので、次期型に継続される。

スバルのスポーツカーの今後

 2019年の10月に「EJ20ファイナルエディション」が発売された時、SUBARU側は「EJ20はファイナルだが、WRXがファイナルになるわけではない」という趣旨のコメントを残したことで、安心したファンも多いはずだ。

スバルのスポーツカーの今後

画像ギャラリー