「タグ: MIRAI」の記事一覧

MIRAIに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

水素ステーションの充実は不可能! 開業が現実的にならない「条件」の厳しさとは

トヨタモビリティ東京がMIRAIの試乗体験を公開!  トヨタモビリティ東京が、新型MIRAIの試乗体験を公開している。試乗車は、GグレードのA Packageで、車両重量は1920kgあり2トン近い重さになる。水素を満充...

続きを読む...

リーフ・ホンダe・エクリプスPHEVもみんなボディ外側! MIRAIの外部給電口だけがボンネット内にあるワケ

プラグインハイブリッドは充電口も兼ねている  トヨタ最新のレクサスLSにも採用されるGA-Lプラットフォームを用いた、水素社会をけん引する世界唯一の水素をエネルギーとして走る量産FCV=燃料電池自動車のMIRAIは、後輪...

続きを読む...

想像以上に「現実的」な理由だった! トヨタが新型MIRAIを猛プッシュする事情

エコだからという理由だけではまだまだ手を出しにくい  2020年12月にトヨタがフルモデルチェンジした燃料電池車(FCV)、2代目MIRAIのテレビCMを見かける機会が多いと感じる機会が多いような気がしませんか。  ゼロ...

続きを読む...

中身だけじゃなく「見えるところ」も進化! 「変わりすぎ」なぐらい変わった新型MIRAIの凄まじさ

プラットフォームや乗員人数だけではない大きな違いも存在  2014年に世界初の高級セダン型燃料電池自動車としてリリースされたトヨタMIRAI。初代モデルは世界初ということもあり、水素スタンドの少なさやメーカー側の供給能力...

続きを読む...

スポーツ車じゃなくてもRWD化のメリットはある! 新型トヨタMIRAIがFFをやめFRを採用したワケ

時代の先端を行く上級セダンとなるには必要な選択だった  トヨタの新型MIRAIは、前型の前輪駆動(FWD)から、後輪駆動(RWD)へ変更された。より快適で走行性能に優れた燃料電池車(FCV)を目指すうえで、後輪駆動の意味...

続きを読む...

一気に燃料電池車が「現実的」に! クラウンユーザーも取り込めそうな2代目MIRAIのとてつもない可能性

クラウンと比較検討するひとも増えるか  トヨタの燃料電池自動車であるミライ。先日6年振りのフルモデルチェンジを果たし、新型となったことで再び注目を集めている。  燃料電池自動車は多くのひとがご存じのとおり水素を燃料として...

続きを読む...

トヨタ新型ミライがいくら「いいクルマ」でも普及が難しい「水素ステーション建設」という壁!

厳しい建設条件とまだまだ少ない登録台数から増加は厳しいか  トヨタの燃料電池車(FCV)であるMIRAI(ミライ)が、2代目へフルモデルチェンジをする。そのWEBサイトのなかに、「水素ステーション一覧」というコンテンツが...

続きを読む...

700万円もしたミライが100万台の中古価格! 台数も少ない「激レア車」がわずか6年で「大下落」したワケ

新車時は700万円オーバーで販売されていたが……  2014年に発売されたトヨタMIRAI(ミライ)は、世界初の量産セダン型燃料電池自動車。水素燃料と酸素の化学反応を利用して発電してモーターで駆動するというもので、当然な...

続きを読む...

【いまだに超先進なのになぜ?】ほとんど売れない「トヨタMIRAI」の2代目を出したことに意味はあるのか

現状でもまだ課題は残るなかトヨタはさらなる挑戦を続ける  第46回東京モーターショーで公開された次期MIRAIのコンセプトカーは、現行車に比べ身近な魅力を伝える造形となった。室内にも高級車の趣がある。現行車が未来を覚えさ...

続きを読む...

オリックス自動車がカーシェアリングサービスにトヨタMIRAIを導入! 2020年1月より運用開始

東京都との共同プロジェクトによるもの  オリックス自動車は、カーシェアリングとしてはじめて燃料電池車「トヨタMIRAI」を導入すると発表した。運用開始は2020年1月より、東京都内のオリックスカーシェアの36拠点に配備さ...

続きを読む...

ミライの未来に暗雲! 究極のエコカーといわれた燃料電池車が成功できないワケ

ハードルの高い水素ステーションの開設  燃料電池車(FCV)の普及が伸び悩んでいる理由は大きく3つある。1つは、水素充填のスタンド不足だ。そして2つめとして70MPa(メガパスカル)の水素タンクに充填するには、二酸化炭素...

続きを読む...

マニアでも知らない! 型式にメッセージが隠されたクルマ3選

型式からトヨタのクルマづくりへの姿勢の変化がうかがえる  クルマの名前を呼ぶ際には、大部分の人が言う車名(クラウンのような俗称)に加え、型式(現行日産GT-RならR35)というものがある。型式はクルマやバイク以外の商品で...

続きを読む...

世界中でトーンダウンした燃料電池車の現在と中国の野望

日本・北米・欧州は普及が本格化していない  時計の針を少し戻そう。いまから3年前、2015年には燃料電池車に関する報道が相次いだ。自動車雑誌や自動車関連ウェブサイトのみならず、新聞や経済系ウェブサイト、そしてNHKなどの...

続きを読む...

トヨタ&ホンダがリードする水素FCVの未来に暗雲! 中国製EVが世界を席巻する可能性も

技術云々ではなく実用性を確保できるかが問題  トヨタは、2014年に燃料電池車(FCV)のMIRAIを発表し、政府が進めるFCV導入のロードマップへの責任を果たした。またホンダも、2016年3月にクラリティ・フューエルセ...

続きを読む...

カタログ値以上の電費でびわ湖毎日マラソンの約40kmを走破! 審判長も認めたトヨタMIRAIの実力

静かな車内のおかげで競技についての会話もラク  東京マラソンでの設楽悠太選手の活躍の余韻も冷めないまま、第73回びわ湖毎日マラソン大会が3月4日(日)に開催された。この季節にしては最高気温17度とフルマラソンを走るにはや...

続きを読む...

1 / 3123

デイリーランキング