「お役立ち情報」の記事一覧 - 2ページ目

買うならいま! 近い将来中古市場で人気沸騰の可能性があるクルマ3選

中古車価格が驚くほどリーズナブルな多い!  基本的に中古車の価格というのは、時間が経つにつれて徐々に下がっていき、次第に市場で見かけなくなっていくというのが一般的だが、中には何かのきっかけで人気が再燃するという車種も存在…

続きを読む...

同じクルマでも運転者によって「個性」が変わる! 意外に進んでいる自動車の頭脳

いい数値をメモリしていく仕組み  各国の自動車メーカーが力を入れている、自動運転や人工知能(AI)の技術。すでにクルマのコンピュータが、ドライバーの運転の仕方やのクセなどを学習し、それが走りに反映させているという話を聞い...

続きを読む...

完成度の高かった先代と比べてどう違う? スバル新型フォレスターの新旧ディテール徹底チェック

新型は細部をよく見るとSUVらしさをさらに強調する  プラットフォームが一新され、ボディサイズがわずかに大きくなったニュー・フォレスター。「フォレスターらしさ」を追求した結果、スタイリングは従来型のイメージを踏襲したもの...

続きを読む...

カーエアコンの効きを取り戻すと噂の「エアコンガスクリーニング」の効果はあるのか?

クリーニング前に比べて7度も温度が下がった  日本の夏は高温多湿。とてもエアコンなしでは過ごせない。その夏のカーライフの生命線ともいえるエアコンだが、新車のうちはガンガン冷えるのに4〜5年も経つと徐々に効きが悪くなって、...

続きを読む...

ドライブ直後にクルマから聞こえる「キンキン」「カンカン」という異音の正体とは?

排気熱などで高温にさらされた薄い金属が収縮している音  走行後クルマを止めて降りたときに、ボディの下あたりからキンキンとかカンカンという音が聞こえたことはないだろうか。大きな音でなくて、小さなものなので気が付かないかもし…

続きを読む...

手動操作しないと違反になることも? 流行の「自動ハイビーム機能」は万能じゃない

二輪車や自転車は検知できず眩しい思いをさせることも  クルマには夜間の視界を確保するために、走行用前照灯とすれ違い用前照灯といった2つのランプが備わっている。カタカナで表記すると走行用前照灯=ハイビーム、すれ違い用前照灯.…

続きを読む...

多少不便でも公共の駐車場でできれば避けたほうがいい駐車スペース4選

リスク管理のために空いているなら場所は慎重に選ぶべき  不特定多数の人が利用する駐車場では、自分のクルマをどこに止めるか、意外に気を使うもの。できれば店舗の入り口付近とか、駐車場の出口に近いところとか、利便性のいいポジシ…

続きを読む...

夜間の後方視界の確保? 後続車へのアピール? バックランプ(後退灯)の役割とは

他車や歩行者に後退することを知らせることが主な役割  ギアをリバースに入れたときだけ点灯するバックランプ。リバースランプ、後退灯といった呼び方もあるが、保安基準では「後退灯」という名称で統一されている。その主な役割は、自…

続きを読む...

スカイラインにレガシィが国内人気を失うのにボディを肥大化した理由とは

国内メインからグローバルモデル化したことで拡大した  古くからの自動車ファンにとって、日産スカイラインとSUBARUレガシィは、それぞれ2リッターターボエンジンを積んだ、5ナンバー(小型車枠)のスポーツセダンというイメー...

続きを読む...

お得に買うなら見極めが大切! 新車セールスマンのタイプとその傾向

意外にベテランより新人のほうが値引きが早いことも  新車販売のセールスマンといっても十人十色、購入者側がどこに重きを置くかの違いで“良いセールスマン”、“悪いセールスマン”の判断も異なってくる。ここではあくまで一般的な傾...

続きを読む...

クルマの寿命を縮める「やってはいけない日常行為」

急の付く動作と暖気ゼロでの走行は寿命を縮める  同じクルマでも、乗る人によって、へたりが目立ったり、逆にいつまでも新車の輝きを維持していたり、その差はどこから来るのだろうか。要はへたりを加速させ、寿命を縮める行為について…

続きを読む...

もう一度クルマ趣味を! リタイア組にオススメの安全で楽しいクルマ3選

程よい速さと楽しさを味わえて自動ブレーキも付く安心のモデル  昔はスポーツカーでガンガン走っていたけれど、家庭を持って子供が生まれ、ファミリーカーに乗り換えたという経験をお持ちの方も少なくないだろう。そしてようやく子供も…

続きを読む...

エンジンオイルが「減る」のは故障? それとも普通のこと?

正常な状態でも僅かながらに減っていく  オイルの管理はメンテナンスの基本中の基本。各部の摩耗を防ぐのはもちろんのこと、燃費やパワーなど、さまざまな部分に影響がある。だから、オイル交換は定期的に行ないたいのだが、日頃の点検…

続きを読む...

中型&準中型の登場で複雑化した免許区分! あなたの免許で乗れるクルマはどこまで?

中型と名の付く免許の種類だけでも4つが存在  2017年3月12日 に運転免許の制度が変わり、「準中型自動車免許」が新設された。それ以前に普通自動車免許を取得したドライバーの中には免許証の条件欄に『準中型車は準中型車(5...

続きを読む...