技術革新に挑んだF1GP

技術革新に挑んだF1GP

常識を覆すF1マシンたち

 2015年12月26日(土)から、2016年1月3日まで、冬休みの特集として「モータースポーツ企画」をお届けします。F1からWRCラリー車まで、また年代も問うことなく幅広くお伝えしたい。
初回となる今回は、創世記のF1マシンたちです。

 それが競争である以上当然といえば当然だが、F1GPは世界で最も淘汰が厳しい世界。その一方でブレイクスルーの可能性も、もちろん残っている。そこには常識を超越したアイデアが満ち溢れているのだ。F1マシンと言えばオープンホイール(=タイヤむき出し)でタイヤは4本。エンジンは自然吸気で、もちろんミッションはマニュアル。そんな常識に囚われていては絶対に生み出せないような、奇抜なマシンも、これまでに何度か生まれてきていた。もちろん、それが従来のクルマにとってかわることができるかどうかは、また別の問題だが…。

★ピニンファリナが提案した安全ボディ★
1969 Sigma Grand Prix(Ferrari Sigma)

 F1GPでアクシデントが相次いだ1969年、ピニンファリナがF1GP界に新たな提言をした。それがこのシグマ・グランプリ(Sigma Grand Prix)。シグマというのはかつてピニンファリナが制作したコンセプトカーでも使用されていたネーミングだが、フェラーリ・シグマ(Ferrari Sigma)という別名からはエンツォ・フェラーリなどから支援を受けていたことが想像されるだろう。実際、エンジンはフェラーリのV12を搭載していた。残念ながらと言うべきか、あるいはもちろんと言うべきか意見が分かれるところだが、実戦にデビューすることはなかった。ピニンファリナ個人の所有とも云われるが、イタリアはトリノにある国立自動車博物館に展示されていた。

【関連記事】[自動車博物館探訪]ドイツ・シュトゥットガルトのポルシェ博物館:生産車編②

ph010101_1969_Sigma Grand Prix(Ferrari Sigma)_IMG_9715

★2タイプの6輪車★
1976 Tyrell P 34 1976 March 240/771 Formula 1

 1976年、様々なアイデアから、6本のタイヤを装着するマシンが登場した。まずはフロントに4本のタイヤを装着したティレル。フロントタイヤを小径にすることで空気抵抗の低減を狙ったもの。リアが大径のままで効果が出なかったようだが、フロントを4輪にしたことでブレーキング能力はアップ。第7戦で初優勝を遂げている。一方マーチはリアを4本にしている。これは駆動力、正確には駆動力の伝達限界を引き上げることが目的だったが、結局こちらは実戦にデビューすることないまま、1983年の規則改定で6輪車は禁止となってしまった。ティレルはドイツのジンスハイム自動車博物館に、マーチはオランダのローマンコレクションに展示されている。ph010201_1976_Tyrell_P_34_IMG_4691

★ル・マンで勝ったノウハウを基にターボエンジンで挑んだ★
1979 Renault RS14

 1966年に、非過給エンジンの排気量は3リッターまで引き上げられると同時に1.5リッターまでの過給エンジンも認められるようになったが、ターボラグと呼ばれるドライバビリティへの課題克服が難しく、どのエンジンビルダーも手を出せずにいた。そこに70年代序盤からスポーツカーレースでターボの開発を進めてきたルノーが、F1進出を決断したのだ。やはり当初はトラブルが続出、なかなか結果が出せないでいたが、やがて信頼性を確保していくと同時に競争力もアップ。79年には念願の初優勝を飾った。写真の個体はルノーの商品群を保有するルノー・コレクションの収蔵車両。撮影はF1企画展が行われていたイタリアはモデナのエンツォ・フェラーリ博物館で撮影。ph010301_1979_Renault RS14_IMG_4907ph010302_1979_Renault RS14_IMG_4915

★CVTを装着したF1マシン★
1993 Williams FW 15C CVT・Renault RS5 1989 Ferrari F1-89

 今やF1マシンでもパドルシフトのシーケンシャルが当たり前になっているが、その嚆矢は1989年。ジョン・バーナードが手掛けたフェラーリF1-89、通称“640”とされているが、これはセミATでクラッチ操作は不要だが7段のギアをドライバーが手動で変速するものだった。だが93年にパトリック・ヘッドとエイドリアン・ニューウェイが手掛けたウィリアムズFW15Cには無段変速機、いわゆるCVTが装着されていた。シーズン中に開発テストが進められただけで、翌94年からはレギュレーションで禁止され実践デビューは叶わなかった。FW15Cはオランダ、アイントホーヘンのDAF博物館で、“640”はエンツォ・フェラーリ博物館で撮影。ph010401_1993_Williams FW 15C CVT・Renault RS5_IMG_8242ph010402_1993_Williams FW 15C CVT・Renault RS5_IMG_8244

画像ギャラリー