【ムービー】アルトターボRSの筑波コース1000の気になるタイムは?

AGSと重心の高さがサーキットの本気走行では……

 2014年に新型となったアルトに「ターボRS」が追加され、一時期「ワークス復活か」と騒がれた、アルトターボRS。ワークスが復活するまでは、最強モデルだったアルトターボRSは自慢のAGS(オートギアシフト)のみの設定だ。はたして、筑波コース1000で、どのような結果出るのかチェックしてきた。I7GM7145

 ターボエンジンのおかげで、トルクピックアップがよく、軽快なエンジン回転数の吹け上がりに関心をする。AGSはDレンジのままで周回をしてみると、ダウンシフトのタイミングがサーキットに向いておらず、パドルによるマニュアル走行に切り替えて走行した。シフトレバーでの変速は片手運転になってしまい、パドル装備の意義に反してしまう。パドルはステアリングコラム固定式の方が乗用車には適していると言えそうだ。WEB CARTOP

 気になったのは、縦横G領域での不安定な挙動特性だ。コーナーによってはセーブして走行をしなければならず、タイムは48秒393秒と期待していたほどではなかった点が悔やまれる結果となった。

パドルシフトで操るのが楽しいアルトターボRS

車種名アルトワークス
全長×全幅×全高(mm)
3395×1475×1500
ホイールベース(mm)
2460
車両重量(kg)
670
エンジン種類直列3気筒DOHCターボ
総排気量(cc)
658
最高出力 kW<PS>/rpm
47<64>/6000
最大トルク Nm<kg・m>/rpm
98<10.0>/3000
トランスミッション5速MT
JC08モード燃費(km/L)
23.6
駆動方式
FF
価格(消費税込み)\1.293.840


[関連記事]

[ムービー]新型アルトワークスの筑波コース1000全開テスト結果とは?

スズキ・アルト ワークス GPの文字通り「ワークス」カスタムぶり

スズキ「アルトRS」筑波全開アタック!WEB CARTOP夏休み動画特集

画像ギャラリー