【検証】大人気のシビックタイプRは本当に買って正解か? (2/2ページ)

奥さまも納得するハズの装備と足

 それより何よりも特筆すべきは使い勝手のよさだ。まずは足まわり。+Rモードはハッキリいってビシビシで超スパルタンだ。これはガンガンに走るとき、または同乗者がいないときに使うべき。4ドアのシビックタイプRほどではないが、かなりハードである。

 しかしノーマルモードなら、硬めとはいえ後席に人を乗せてもOKだ。実際4乗で200km近い移動(ワインディング含む)も試したが、後席で寝られるレベルである。つまりファミリーカーとしても使えるといいたいのだ。もちろん男性4人で乗って、後席の広さも問題なかった。この走りでこれだけ乗れれば文句なし!  WEB CARTOP室内の装備も「タイプRじゃなくて普通のシビックですね」といい意味で裏切られる。ランプ付きのバニティミラー、使いやすいドリンクホルダーとセンターコンソールボックス、USBなどの端子もある。ラゲッジはハッチバックなので使い勝手に優れ、アンダーボックスも結構大きい。

 さらにMTなのにクルーズコントロール機能、オプションだがバックビューモニター、坂道発進でブレーキから足を離しても一定時間自動で止まっていてくれるヒルスタートアシストなど、タイプRなのに、MTに不慣れな人でも乗れるような装備もある。これなら走り好きのお父さんが家族を上手く「ダマして」購入しても文句は出ないだろう。

 というわけで、いわば激速ファミリーカーのシビックタイプR。アイドリングストップ機能も付き、ワインディングをガッツリ走り込んで10.6km/L、高速&一般道半々で12.5km/Lを記録した燃費も含めてやっぱり買いだ!

過激なクルマだけど奥さんも納得して! ホンダ・シビック・タイプRが熱い!!

 [関連記事]

[ライバル比較]毎日使えるスポーツカーはどれだ!?(シビックR/レクサス/ロードスター/ゴルフ/アウディ)

[ビデオ]世界最速のFF、シビック タイプR筑波全開アタック映像!

[動画]新型シビックタイプR全開試乗② ニュルブルクリンクATTACK!

画像ギャラリー