【ムービー】ダイハツ・コペン・セロの筑波コース1000のテスト結果とは?

【ムービー】ダイハツ・コペン・セロの筑波コース1000のテスト結果とは?

重さを克服した走りだが他車の進化が早いことを再認識!

 ダイハツの軽オープンスポーツカー「コペン」の最大の特徴は、さまざまなボディデザインバリエーションを展開し「着せ替え」を可能としていることだ。初代コペンのイメージを引き継ぐ「セロ」は、アクティブ・トップルーフを採用し実用性を上げ、丸みを帯びたカワイイデザインとなっている。カワイイだけでは、性能がわからないので筑波サーキットに持ち込んで、他の軽スポーツ同様に全開チェックをしてきた。WEB CARTOP

 スポーツカーらしい低い着着座姿勢は好印象。オープンルーフながら可動式のハードトップを備えるため重量が重く重心も高めとなっている。加速では2から3速のギア比が離れているため、筑波コース1000で多用する2〜3速の変速区間で若干車速の伸びに不足感をおぼえた。また、フロントドライブなためターンインではレスポンスが悪く、加速旋回シーンではフロント内側が空転してしまっていた。WEB CARTOP

 好感がもてたのはブレーキング時の車体フロアの剛性が高いこと。ただ、直線走行時には車体のバイブレーションが若干気になってしまった。デビュー当時には相当高く感じたボディ剛性も、他の軽スポーツカーと比べると弱く感じさせられた。このクラスの進化が日進月歩で、いかに早いかを再認識させられた。

軽自動車では極めて贅沢なアクティブトップ!

車種名コペン・セロ
全長×全幅×全高(mm)
3395×1475×1280
ホイールベース(mm)
2230
車両重量(kg)
850
エンジン種類直列3気筒DOHCターボ
総排気量(cc)
659
最高出力 kW<PS>/rpm
47<64>/6400
最大トルク Nm<kg・m>/rpm
92<9.4>/3200
トランスミッション5速MT
JC08モード燃費(km/L)
18.7
駆動方式
FF
価格(消費税込み)\1.873.000


[関連記事]

[ムービー]最新軽スポーツカー6台のサーキット全開テスト!

[ライバル比較]軽自動車の個性派ハスラーとキャストのガチンコ対決!

ダイハツ・コペンマニア必見の「イラスト印鑑」がデビュー!

  

画像ギャラリー