土屋圭市バナー

ドリキン土屋圭市が新型ロードスターのNR-A徹底チェック!

マツダのモータースポーツベース車は、どこまで本気!?

 現在、国産メーカーで、もっとも「元気」のあるマツダから、モータースポーツベース車として、ロードスターNR-Aが登場。ワンメイクレースやジムカーナなどで使用されることを考慮したモデルだ。今回、富士スピードウェイのショートコースで土屋圭市さんに試乗してもらった。果たしてその評価は?keiichi tsuciya

「嫌なところがまったくないよ」

 ロードスターNR-Aは、とにかく乗りやすいし、扱いやすい。足はしっかりしているし、しっとり。硬すぎずやわらかすぎずの、大人の足に仕上がっている。車高調はいちばん低くしてあるみたいだけど、かなり動かしている印象があるね。サーキットでタイム出すならもう少しロールを減らすセッティングのほうがいいね。ロールオーバーのような動きが少しだけ出ている。ストロークを減らせばロールオーバーを抑えられるかな。ただ、素人が乗るとアンダーっぽくなっちゃうかもしれない。このくらい動いた(ストロークさせた)ほうがいいかもね。keiichi tsuciya

 このNR-Aに比べると、標準仕様のNDは、かなりフワフワで、どちらかというと乗り心地重視だよね。オレは、このNR-Aくらいのほうが街乗りでもいいかな。keiichi tsuciya

「ドライビングテクニックを磨くなら、1.5リッターモデルの方がいいよ」

 NR-Aは、挙動もおだやかでコントロールしやすい。これなら誰でも楽しめる。もしこれでもっとパワーがあれば立ち上がりのアクセルワークでコントロールできるんだけど、現状の1.5リッターだとベタ踏みだよ(笑)。もし2リッターだったらパワースライドもできるからより楽しいだろうけど……。ただ、運転をうまくなろうとしているドライバーなら1.5リッターのほうがいいだろうね。ウデに自信があるドライバーなら、2リッターのほうがアクセルワークでコントロールしながら、リヤに角度をつけて立ち上がるってことができる。keiichi tsuciya

「普通にサーキットを攻めるならこれで十分だよ」

 今回履いていたポテンザRE-11くらいのグリップならこの足まわりがベストマッチしている。タイヤとのバランスもよくとれているね。ただ1.5リッターで300万円近いってのは、やっぱりちょっと価格が高く感じるなあ。86なら2リッターで約300万円なんだからさ。もう少し安いか、あるいは2リッター級のパワーがあれば満点だったけどね。それでも、このクルマには、嫌なところがまったくないよ。どんなクルマでも、無理矢理にでもモータースポーツベースのようなバージョンを作っておかなきゃダメだよ。このままだとモータースポーツの火が消えちゃう。今の時代、やっぱり安全が求められるよね。そうなるとどうしてもクルマは高くなっちゃう。ロードスターはもう少しパワーのあるモデルを用意してほしいかな。

keiichi tsuciya

土屋圭市も本気で楽しんだロードスター!

 土屋さんの記事をいち早く読むことが出来るWEB CARTOPのFace bookは、随時更新中だ!

車種名RS
全長×全幅×全高(mm)
3915×1735×1235
ホイールベース(mm)
2310
車両重量(kg)
1010
エンジン種類直列4気筒DOHC16バルブ
総排気量(cc)
1496
最高出力 kW<PS>/rpm
96<131>/7000
最大トルク Nm<kg・m>/rpm
150<15.3>/4800
トランスミッション6速MT
JC08モード燃費(km/L)
17.2
駆動方式
FR
価格(消費税込み)\2,640,600

 [関連記事]

土屋圭市が選ぶ「ハイパフォーマンスSUV」!(レクサスNX200t/ジューク・ニスモ/GLA45/X5M)

土屋圭市が「引退」を決めた盟友の涙のひとこと

土屋圭市がこだわり抜く「レーシングギアのジンクス」とは?

画像ギャラリー