【試乗】国産コンパクトを脅かすルノー・トゥインゴの実力! (3/3ページ)

使い勝手や燃費も納得のデキで国産コンパクトと勝負

 最後はフランスの「パリ」を強く意識しているトゥインゴだけに、石畳路に近い環境を走行したいと考え、東京駅付近へ移動。短い距離だが試すことができた。足まわりの吸収のよさは先ほど述べたとおりだが、ガタガタと揺すられるなかで、各部の剛性が確認できた。それにしても美しい街並みにトゥインゴはよく映える!

【関連記事】【試乗】純粋に走りが楽しめるルノー カングー ゼンEDC!

画像はこちら

 こうした走りのよさに加えて、通常188ℓ、5:5分割可倒式のリヤシートを倒すと980ℓにまで拡大し、さらに助手席を倒せばサーフボードなど、2310mmの長尺モノまで収納できるラゲッジ。

webcartop15

 先代トゥインゴよりも全長が80mm短くなったにもかかわらず230mm拡大した室内長など、日本で重視される使い勝手も納得のいく仕上がりになっている。

webcartop18
さらに、バックソナー、ヒルスタートアシストなどが標準装備されているため、男性はもちろん女性も選びやすいハズだ。

 もうひとつ、燃費の計測はできなかったが、ECOモードやアイドリングストップシステムの「ストップ&スタート機能」を装備し、JC08モード燃費は21.7km/ℓに達するという。ルノー側のスタッフが走行した話を聞くと、高速中心の走行で18km/ℓを超えたとのことだ。

webcartop12

 これで価格が200万円を切ってきたのだから注目の車種であることは間違いない。国産勢が圧倒的に強いコンパクト試乗に、思わぬ刺客が登場した!

 (写真:小林 健)

webcartop webcartop26 webcartop27 webcartop23 webcartop02 webcartop03 webcartop04 webcartop11 webcartop19 webcartop16 webcartop13 webcartop22 webcartop24

名前:
石田貴臣
肩書き:
-
現在の愛車:
トヨタ・エスティマ(MCR30)
趣味:
読書(ミステリーが主)、TVでのサッカー観戦(バルサ/PSG/アルゼンチン代表/UCL全般)、映画鑑賞
好きな有名人:
リオネル・メッシ、アラン・プロスト、綾辻行人、有栖川有栖、田中 瞳

画像ギャラリー


新着情報