多くの人が気にしないけど壊れると大変な「オルタネーター」って何? (1/2ページ)

多くの人が気にしないけど壊れると大変な「オルタネーター」って何?

壊れるとエンジンすら動かない重要な発電機

 クルマというのはガソリンなどの燃料を燃やして走るものだが、実際はそれだけでは走らない。電気も必要だ。電気系のなかでも、ライトやオーディオといったものは最悪なくても走ることはできるが、点火系は電気がないとスパークしないのでエンジンは動かないし、そもそもスターターモーターが回らないと始動もできない。

【関連記事】【今さら聞けない】エンジンを止める寸前にアクセルを空ぶかしする人がいるけどなぜ?

webcartop_05

 そのために装備されているのが、オルタネーターだ。発電機のことを指すのだが、オルタネーターを正式に訳すと、交流発電機となる。ちなみにその昔使われていたものはダイナモと呼ばれ、こちらは訳すと発電機になるが、その昔は直流しかなかったので、直流発電機を指すことが多い。

webcartop_04

 ここで、交流とはいえ、今のクルマでもプラスとマイナスの直流なのでは? と思う人がいるかもしれない。これは電装品変更の手間などを考えて、直流を使用しているためで、交流で発電して、それを直流に変換して使っている。

webcartop_05

 ちなみに電圧は以前であれば6Vで、それが1960年ぐらいから12Vへと変更されている。また近い将来にもっと高い電圧、たとえば48Vになるともいわれている。もちろん高ければ損失が減るし、作動もより確実なものにできる。

画像はこちら

画像ギャラリー