【スバリストが選ぶ】歴代最強のスバル「WRX」はこれだ! (1/2ページ)

スバリストたちが最強として挙げることの多い5台をセレクト

歴代最強のWRXはどれか? スバリストなら三日三晩かけて激論してもなお結論が出せない、人によって意見が大きくわかれる大テーマである。

たとえばニュルブルクリンクを走らせればS207が最強で揺るぎない一方、ミニサーキットや氷上コースなどの速度域が低いステージでは、歴代最軽量の初代GC8型がいまだに最新モデルよりも速かったりするので話は難しい。

ここでは、おそらくこのうちのいずれかを最強と推す意見が多数派であると思われるモデルをベスト5として挙げてみた。

第5位:初代WRX Type RA STi Ver.Ⅲ

まず5位には初代GC8型から「Ver.Ⅲ」のType RAを選出した。普通に考えるとGC8の最強モデルは22Bを第一に挙げたくなるところだが、WRカーのワークスレプリカとして誕生した22Bは同時にプレミアムカー色が強く、乗ってみると意外と普通。WEB CARTOP22Bは「もっとも偉大なWRX」ではあるが最強となると少し違うとの判断から選考外とした。WEB CARTOPVer.Ⅲはエンジンがマスター4に変わって280馬力に到達したアプライドD型で、新井敏弘選手をして「出力特性がピーキーで扱いにくい反面、乗りこなした時の戦闘力は最強」と言わしめ、全日本ラリーでチャンピオンを獲得。歴代WRXで唯一の2ドアクーペの派生モデルも追加されるなど、最強のGC8として称えたい。WEB CARTOP

第4位:S202 STi Version

2代目GDB型は衝突安全性の向上と引き換えに車重が激増し、競技車両RAでも実戦における戦闘力が低下するという大問題に直面した。これに深刻な危機感を抱いた当時の開発陣はアプライドB型で早くも大改良を実施。

ルーフパネルやトランクリッド、各ガラスの薄板化などで90kgもの軽量化を実現。さらに車高ダウンやサスペンションジオメトリーの変更など、2年目とは思えない大改良を施したスペックCを導入した。

webcartop_03

これをベースにチタンマフラーや超軽量ブレーキローターなどで、さらにバネ下やシャシー下部の重量を軽減し、320馬力の高性能エンジンを搭載したのがS202だ。パワーウェイトレシオはいまだ歴代WRX最強の4.15kg/PSを誇っている。

webcartop_02