試乗体験から貴重なモデルの展示まで! 「BMW MOTORSPORT FESTIVAL 2017」開催 (1/4ページ)

試乗体験から貴重なモデルの展示まで! 「BMW MOTORSPORT FESTIVAL 2017」開催

オーナー以外でも大人から子供まで楽しめるBMWのお祭り

サーキットを使用しさらなるBMWの世界を体験することが出来る「BMW MOTORSPORT FESTIVAL 2017」が715日に富士スピードウェイで開催された。4輪部門はヘリテージから最新モデルまで展示・走行。2輪も同様に最新モデルを持ち込み、展示・試乗会を行った。BMW MOTORSPORT FESTIVAL 2017

駐車代1000円+入場料2500円(当日券・大人)を支払うと誰でも入場できる「BMW MOTORSPORT FESTIVAL 2017」は子供から大人まで楽しめる内容ということもあり朝9時のオープンを前に多くの人が並んでいた。BMW MOTORSPORT FESTIVAL 2017

それもそのはず。4輪はMモデル、2輪はデビューしたばかりのG310Rなどを先導車付きでサーキット試乗することが可能なのだ。午前・午後の部と抽選を行い、どの枠も埋まってしまった。写真からもわかるように、人で溢れかえっていた。BMW MOTORSPORT FESTIVAL 2017

コース上では試乗会のほかにBMW Mシリーズのオーナーズクラブ「M Corso」によるパレードランが行われた。M4 GTSを先導に約70台が参加。2周のパレードが終了しホームストレートには53台のMモデルでBMWの文字を表現しオープニングセレモニーがスタートした。BMW MOTORSPORT FESTIVAL 2017

BMW M副社長ピーター・クイントゥスさんは「Mのイベントとしても世界最大級のイベントとなります。本日はたくさんの車両持ってきています。私達のエキサイティングなイベントを楽しみましょう!」とコメント。BMW MOTORSPORT FESTIVAL 2017

また今回パレードのBMW M1のドライブを担当したモータージャーナリストの佐藤久実さんに乗った印象を訪ねると「外観の印象とは違い乗りやすくて驚きました! なによりこの暑い富士でトラブルなく走ってくれました」と話してくれた。BMW MOTORSPORT FESTIVAL 2017

1日を通してコース上で全枠埋まってしまったレーシングカータクシーは、現在スーパーGTに出場しているM6 GT3の助手席で富士スピードウェイの全開走行を楽しむことができた。またBMW テストドライビング、M Taxi Driving等が行われ参加者の笑顔が印象的だった。BMW MOTORSPORT FESTIVAL 2017

画像ギャラリー