まる1日サソリ漬け! アバルトだらけのイベントが開催 (1/3ページ)

まる1日サソリ漬け! アバルトだらけのイベントが開催

大人も子供も盛り上がれる企画が盛りだくさん

コンパクトカーを多くラインアップするイタリアの名門フィアットに、サソリのスパイスを加えたブランド「アバルト」。その凄さを体感することができるイベント「アバルトデイ2017 スコーピオンチャレンジ」が2017年11月11日に東京・お台場で開催された。アバルトデイ2017 スコーピオンチャレンジ

このイベントは、大人から子供まで楽しめるコンテンツが盛りだくさん。たとえば、アンケートに答えるとオリジナル風船をゲットできたり、ディーラーやオンラインショップで購入できるアバルトオフィシャルグッズを実際に手にとって見ることもできた。アバルトデイ2017 スコーピオンチャレンジ

また模型も造るイラストレーターとして知られる溝呂木 陽さんによるペーパークラフト講座や、全長30mのコースを溝のついたコースをコントローラーひとつで操作をするスロットカータイムチャレンジなどが行われ、会場近郊にショッピングモールが多いことから偶然訪れた親子が夢中になっている光景も。アバルトデイ2017 スコーピオンチャレンジ

さらに、アバルト595のカスタマイズが楽しめるコンフィギュレーターを大画面モニターで体験することができる「MAKE YOUR SCOPION」など、これからアバルトを購入しよう、購入してみたいなどさまざまな方にむけ、自分の将来を見据えた愛車の楽しみ方を提案していた。アバルトデイ2017 スコーピオンチャレンジ

 もちろん、アバルトといえばレースヒストリーが長い。1950年から60年代までに勝利を挙げた数は7400以上と言われている。その勝利の数からは創立者のカルロ・アバルトがスピードに対する情熱をもっていたことがよくわかるだろう。

 今回はその、美しく速い5台のレーシングアバルトが展示された。左からOT850ベルリーナ、1000TCR、シムカ2000ロングノーズ、850レコルトモンツァ、750ダブルバブルといった5台を展示。博物館級のモデルが入場無料で見られることなどまずない。アバルトデイ2017 スコーピオンチャレンジ

ほかにもスペシャルイベントとして、激辛パスタチャレンジ選手権やFIAT500C玉入れなども行われた。ゲストの大食いタレントであるジャイアント白田さん、もえのあずきさんも来場し会場を熱くする。二人は、アバルト124スパイダーに試乗し「最高の一台です」とマイクを通して伝えた。アバルトデイ2017 スコーピオンチャレンジ

画像ギャラリー