発売前に早くもエクリプス・クロスのカスタム仕様が登場! 三菱自動車ブースは必見【東京オートサロン2018】

発売前に早くもエクリプス・クロスのカスタム仕様が登場! 三菱自動車ブースは必見【東京オートサロン2018】

それぞれキャラクターの異なるカスタムを施す!

 2018年1月12日(金)から1月14日(日)まで、千葉県千葉市の幕張メッセで開催中の東京オートサロン2018。Drive your Ambitionをブランドコンセプトに掲げた三菱自動車も、北ホールにブースを構えている。個性的に仕立てられた4台のカスタマイズモデルが展示されているが、注目したいのはまもなく発売が予定されているコンパクトSUV「エクリプス・クロス」だろう。

東京オートサロン

 異なるコンセプトで仕立てられたエクリプス・クロスは、ベースのスタイリッシュさを活かしたプレミアム・スポーツ・コンセプトと、SUVのもつタフなイメージを引き立たせたフィールド・アスリート・コンセプトの2台。

東京オートサロン

 どちらも発売前のモデルでありながら、早速カスタマイズ仕様に仕立てられているということで、たくさんの来場者が足を止めて眺めていた。

東京オートサロン

 プレミアム・スポーツ・コンセプトは、フロントアッパーグリルをメッキからダークメッキとしたことで、より引き締まった印象に。走りを連想させる精悍な顔つきとなっている。

東京オートサロン

  

 また、各部にシルバーやメッキでアクセントを付けたことで、上品さも併せ持ったスタイリングに。そして、大型のテールゲートスポイラーが、重たくなりがちなリヤビューをスポーティに演出。走りの良さをイメージさせるスタイリングにまとめられている。

東京オートサロン

 シートは専用デザインのスエード調人工皮革シートとなり、インテリアにも上質なテイストを与えた。

東京オートサロン

 もう1台のフィールド・アスリート・コンセプトは、よりSUVらしさを引き立てた仕立てだ。SUVのもつダイナミックさを強調したブロンズメタリックを身にまとったエクステリアは、フロントアッパーグリルをカーボン調に。さらに、エンジンフードプロテクターによって、アクティブに走りを楽しみたくなるような雰囲気が演出されている。

東京オートサロン

 そのほかにもアウトランダーPHEVとデリカD:5アクティブギアの2台が並ぶ。アウトランダーPHEVは黒文字のエンジンフードエンブレムや、前後&サイドのエアダム、そしてテールゲートスポイラーを装備。エクリプス・クロスのプレミアム・スポーツ・コンセプトと同様に、都市部に映えるオシャレな大人のSUVに仕立てられている。

東京オートサロン

 また、デリカD:5は特別仕様車「アクティブギア」をベースにした1台。ガンメタのボディにオレンジのアクセントカラーが映える。もっとアウトドアなどを楽しみたいと思うユーザーへ向けたアイテムを多数装備したモデルだ。

東京オートサロン

 エクステリアにはバンパーやサイドアンダーを守ってくれる、各種プロテクターを装着。さらにリヤラダーとヘビーデューティキャリアを装備して、レジャーなどでの積載容量をアップ。まさに大人が思い切り遊ぶための1台となっている。

東京オートサロン

 そのほかブースでは、ノーマルのエクリプス・クロスが坂を駆け上がるという、SUVのタフさをイメージさせる展示も。階段で上まで登れるため、どれほどの急な坂道を走っているイメージなのかを見ることもできる。

東京オートサロン

 今年は全車SUVを展示し、ノーマルも含めれば3台がまだ発売されていないエクリプス・クロス。まだ実車を見たことがないという人はもちろん、個性豊かに仕立てられた三菱自動車のSUVたちが見たい! と思った人は、ぜひ幕張メッセ北ホールの三菱自動車ブースを訪れてほしい!

画像ギャラリー