エクストレイルやジュークの個性派モデルが登場! 日産が東京オートサロン出展概要を発表

エクストレイルやジュークの個性派モデルが登場! 日産が東京オートサロン出展概要を発表

オーテックは第4弾としてリーフのコンセプトモデルを出展

 日産自動車は、オーテックジャパンならびにニッサンモータースポーツインターナショナル(以下、ニスモ)と合同で、2019年1月11日(金)〜13日(日)までの3日間、千葉県・幕張メッセで開催される東京オートサロン2019に出展することを発表した。

 ニッサン インテリジェント モビリティを具現化したモデルやワクワクするようなカスタマイズカーを展示する。先日開幕したフォーミュラーカーの電気自動車で争われるフォーミュラE参戦マシンや新型ベースに生まれ変わったリーフニスモRCなども展示される。

 注目は2台のSUV。エクストレイルはプロテニスプレイヤーの大坂なおみ選手とコラボレーションしたカスタマイズモデルを展示。大坂なおみ選手がチョイスしたマットブラック+ゴールドのカラーリングを採用している。インテリアはブラックの内装色にプレミアムタンレザーのアクセントをプラスして上質かつスタイリッシュに仕立てている。

【関連記事】【長期レポート】日産Xトレイルの日常使用で見えたマルとバツ

オートサロン画像はこちら

 もう1台のジュークは、多彩なカラーコーディネーションによるカスタマイズが好評なパーソナライゼーションをさらに進化。トルクベクタリング付きのインテリジェント4×4を搭載し、悪路での走破性を高めるクローラーとオーバーフェンダーを採用する。マットホワイト&マットブラックの2トーンカラーに、フローセントグリーンのアクセントにより新しいパーソナライゼーションを提案するモデルとなっている。オートサロン画像はこちら

 エルグランドは、スポーティさを際立たせたカスタマイズを提案。精悍な印象を与えるピアノブラックのフロントグリルと、NISSAN GT-Rからインスパイアされたボディカラーを採用する。20インチのアルミホイールもプラスしている。インテリアは、高級感と上質さを両立させる赤い本革の特別シートを採用する。オートサロン画像はこちら

 新たなブランドとして誕生した、ブルーのボディカラーが特徴的なオーテックシリーズ。セレナ、ノートに続いてエクストレイルが登場したばかりだが、第4弾としてリーフ オーテックのコンセプトモデルが登場する。また、オーテックジャパンのものづくりのノウハウを生かしたプレミアムパーソナライゼーションプログラムも提案。専用シートをホワイト/ブラック/タンなどの各カラーを選択できるようになる予定だ。オートサロン画像はこちら

 そのほかにもリーフニスモやノートe-POWERニスモS、セレナニスモなど最新のニスモロードカーなども展示される予定だ。

画像ギャラリー


新着情報