新車は「本店ディーラー」にいった方がお得に購入できるという噂は本当か? (1/2ページ)

新車は「本店ディーラー」にいった方がお得に購入できるという噂は本当か?

本店は窮屈な販売活動を強いられているケースも

 メーカー系新車ディーラーは、各地の有力企業(必ずしも自動車関係ではない)が、メーカーから決められた地域(たとえば各都道府県内など)においての販売代理権を与えられ、オーナーとなって新車ディーラーを経営する「地場資本系」と、メーカーと資本関係のある子会社のような関係となる「メーカー直資系」とがある。

 いずれも、新車の受発注や保険契約のとりまとめを行う本社業務を兼ね備える「本社営業所(本店など呼び名はいくつかある)」のほかに、営業所や支店などと呼ばれる複数の店舗が営業地域内に設置されている。

【関連記事】「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

ディーラー画像はこちら

 新車購入の時に、「どうせなら本社営業所のほうが値引き条件がいいのではないか」と考えるひともいるが、新車販売業界に詳しいA氏は、「セールスマンから聞いた話では、本社営業所だと、ショールームの上などにある本社オフィスに社長などの重役や、エリアマネージャーなどの“お偉方”が多くいて、たまにショールームに降りてきたりするそうです。そして販売手法などにあれこれ口を出してくることもあるようで、いつも監視されているようで窮屈だと言っていました」とのこと。

 年度末決算セールなど、タイミングによって好条件が出やすくなること自体はほかの営業所とは変わらないようだが、ほかの営業所にはない“窮屈”な販売活動を強いられているようである。

名前:
小林敦志
肩書き:
-
現在の愛車:
2019年式トヨタ・カローラ セダン S
趣味:
乗りバス(路線バスに乗って小旅行すること)
好きな有名人:
渡 哲也(団長)、石原裕次郎(課長) ※故人となりますがいまも大ファンです(西部警察の聖地巡りもひとりで楽しんでおります)

画像ギャラリー


新着情報