【試乗】トヨタ新型RAV4は本格アウトドア派にもオススメ! なんと3つもある4WDシステムを試した (1/3ページ)

【試乗】トヨタ新型RAV4は本格アウトドア派にもオススメ! なんと3つもある4WDシステムを試した

なんちゃってじゃなく本物のアクティブさを追求

 トヨタが都会派SUVとして人気の高かった「RAV4」の新型を登場させ、国内販売も復活させた。RAV4は初代が1994年に登場し都会派小型SUVとして一世を風靡した。その後2代目、3代目と進化するたびに大型化され、海外での人気を高める一方、国内では3代目を最後に市場から姿を消していた。逆に北米や中国では高まる人気を生かして4代目を開発し市場投入。流行のSUV人気にあやかって大成功を収めているという背景がある。RAV4

 したがって今回で5代目となる新型RAV4は「ワクワク、ドキドキ」するSUV を目指して開発されたという。世界的に見て新車販売マーケットはSUVの人気が圧倒的に高く高い販売比率を維持し続けている。しかし、その傾向が静まりつつあるという声も出始めていて、各社は、より個性的なクルマ作りに奔走しているという状況なのだ。RAV4

 そんななか新型RAV4は、クロスオーバー系SUVという主流の波にあえて乗らず、SUVとしての本物感とユーティリティでアクティブな気持ちを呼び覚ますクルマ作りを目指したという。車両コンセプトに従来からの「Recreational Activ Vehicle 4 Wheel Drive」を掲げつつ、「Robust Accurate Vehicle with 4 Wheel Drive」を新たに示している。Robustとは逞しさ、頼もしさを表す言葉で、Accurateは洗練さ、緻密さを指す。RAV4の車名はこれらの頭文字から構成されていることが改めて示されたのだ。RAV4

 そして、そのコンセプトの実現のために「RAV4には4WDありき」ということがベースに置かれた。北米や中国など海外で人気を得たRAV4は前輪駆動のFFモデルが主流だったが、5代目は4WDモデルを積極的に展開し、ワクワク、ドキドキするSUVらしい踏破性と走行性能を特徴としているのだ。そんなことから新型RAV4のラインアップにはFFモデルも存在しているが、今回試乗に供されたのはすべて4WDモデルに統一されている。RAV4

 その4WD モデルだが、HV(ハイブリッド)、ガソリン2リッターベースグレード、ガソリン2リッター・アドベンチャーグレードと3モデルに異なった4WDシステムを搭載するといった気合の入れようなのだ。

画像ギャラリー